SUCCESS VOICE

合格体験記

  • 東京大学 文科一類

    越智さん

    岐阜東高校

    私が常に意識していたのは、「自分に何が足りないか」ということです。例えば、数学が苦手でした。そこで、自分の数学の能力を高めようと、志田先生の「東大対策文系数学」を受講しました。また、過去問演習では「合格点に何点届いていないのか」「合格点に達するには、どの部分で点をとれば、合格点に届くのか」を意識して学習していました。

  • 東京大学 文科一類

    佐野さん

    慶進高校

    受験勉強は東進での受講と自習を中心に行いました。受講で知識や考え方などのインプットをし、自習で過去問演習などのアウトプットをしました。受験本番で必要なのは集中力です。普段の学習で集中して取り組むと良いと思います。

  • 東京大学 文科二類

    内藤さん

    白陵高校

    メンタル面での強さは大切です。ひたすら音読をして模試の復習をし、過去問演習も徹底し、自信をつけて挑戦したことが合格につながりました。

  • 東京大学 文科二類

    住田 怜生くん

    岐阜高校

    自分のペースで勉強を進められるという点に魅力を感じて高1の終わりに東進に通い始めました。受験勉強を通して僕が身に染みたことはどんなに模試成績のよい人でも合格確率を100%にすることはほぼ不可能であるということです。しかしだからこそ入試当日まで驕ることなく勉強に対して真摯に向き合い、最大限のことをやるべきだと思います。合格の瞬間は何にも代えがたいほどの喜びを感じることができます。皆さんも自分の志望を実現できるよう受験は自力救済の世界であることを肝に銘じて悔いのない受験生活を送ってください。

  • 東京大学 文科二類

    越生さん

    白陵高校

    東進模試を使い、結果を見て自分の位置を確認しました。また、過去問演習講座を直前に大量にやり込んで時間配分を体に染み込ませました。皆さんの受験勉強が実りあるものになることを願ってやみません。

  • 東京大学 文科三類

    仙田さん

    甲南女子高校

    校舎はストイックな雰囲気で良い緊張感をもって勉強できました。また、学校の枠を超えて仲良しで、みんなが頑張っているから私も頑張ろう、と思って大変な時期も東進で楽しく過ごせました。東進での素敵な出会いに感謝です。ありがとうございました。

  • 東京大学 理科一類

    平林さん

    金沢泉丘高校

    数学の長岡恭史先生は、数学の本質から受験数学を捉えるという理念のもと、高校の範囲外にもふれつつ授業をなさる先生でした。長岡先生の授業のおかげで私はいっそう数学を好きになりました。

  • 東京大学 理科一類

    村上 竜平くん

    加古川東高校

    勉強のモチベーションを保つためには、主体的な勉強をして「勉強の楽しさ」を自分なりに発見することが大切です。

  • 東京大学 理科一類

    櫻井さん

    姫路西高校

    東進の苑田先生の授業で物理という学問を深く理解することができました。また、同じレベルの大学を志望する友人達と問題について互いに考察しあったりして更に理解を深めることができました。

  • 東京大学 理科三類

    仲吉さん

    灘高校

    担任が親身になって相談に乗ってくださり的確なアドバイスをいただいたので、それを計画に組み込んで実行するだけで合格に近づくことができました。東大本番レベル模試は換算得点が示されるので、合格に必要な点数が明確に分かることもありがたかったです。温かくありながら切磋琢磨する雰囲気の摂津本山校は勉強に最適の環境でした。

  • 東京大学 理科三類

    渡壁さん

    灘高校

    僕が東進で合格できた理由は苑田先生の物理の授業だと思います。物理の本質を突いたシンプルな論理で展開されていく授業はすっと頭の中に入っていき、それを出来る限り自分のものにすることで簡潔に物を考えられるようになりました。本番は自分のものになっていることしか答えられません。愚直に「わかる」領域を増やせるよう頑張って下さい。

  • 京都大学 総合人間学部

    柴田さん

    神戸高校

    僕は1年生の夏から京都大学に入りたいと思っていたので、それに向けたカリキュラムを組んでもらって勉強していました。その上で、自分の弱点を把握し、自分に合った勉強方法を考え、工夫することが大切だと思いました。

  • 大阪大学 歯学部 歯学科

    佐藤さん

    一宮高校

    第一志望に合格できる人は自分の能力、現在地を客観視出来る人です。過去問を用いて志望校との距離を測ることを怠らないでください。自分と志望校との距離を知ることは非常に大切な事であり、それは自信にもつながります。決して自分の位置を見失わないように。 自信と過信は別物です。最後に試験会場で信じられるのは今まで頑張ってきた自分だけです。今、全力を尽くしましょう。みなさんの努力が報われることを祈っています。

  • 名古屋大学 工学部

    今井田さん

    滝高校

    高2の夏に東進に入りました。毎日部活があるため時間が無く、疲れてなかなか勉強の時間がとれませんでした。東進では自分の都合に合わせて受講ができ、毎日自習ができるので、勉強を進めることができました。私は秋に志望校を上げて、さらに試験科目も増えたので、すごく不安でしたが、東進で毎日コツコツ勉強したことは確実に私の力になっていたと思います。勉強は努力した分だけできるようになります。頑張ってください。

  • 岐阜大学 医学部 医学科

    磯村さん

    大成高校

    高校生になった時、東進は自分のペースで勉強が進められるので入りました。東進でよかったことは、学校も公立高校より授業が進んでいましたが、さらに予習型で勉強を進められたことです。それにより学校の授業の理解が格段に上がり、実戦演習を早期に始められました。合格した今、うれしい気持ちに加え、お世話になった学校や塾の先生方、受験をともにした同級生そして家族に対する感謝の念でいっぱいです。ありがとうございました。

  • 京都大学 工学部

    藤井さん

    徳山高校

    自分は3年の8月中旬まで部活があって、正直1年の入部時から心配していました。時間が少ないという危機感を持っていたので、 部活後に毎日東進に来て勉強を続けました。部活生は最後までやり切って後悔なく体力を武器に受験に臨んでください。自分の予定にあわせたスケジューリングをすることが大切です。

  • 神戸大学 理学部

    園尾さん

    神戸高校

    私を手厚くサポートして下さったのは担任助手の方々でした。来れない日が続くと電話をかけて応援してもらい、週間学習計画を立てる時も一緒に考えたりと全面的に支えて下さいました。そのお蔭で晴れて第一志望に合格する事が出来ました。

  • 京都大学 理学部

    矢久保さん

    岐阜高校

    高校一年生から東進に通い始めました。模試ではなかなか良い点数が取れなかったものの、センター本番で自己最高点を取ることができたこと、二次対策として『過去問演習講座』で過去問10年分を2周終わらせたことが合格につながったと思います。一年生のうちから英国数の三教科を毎日コツコツ取り組んでおくと、三年生で焦ることも少なくなります。この受験を通してつけた力を、これから先も活かして頑張りたいです。

  • 京都大学 医学部 医学科

    伏見さん

    六甲学院高校

    阪急西宮ガーデンズ前校は朝早くから夜は11時まであいていて生徒が不自由なく勉強を頑張れる環境が整っています。ここで仲間たちと共に全力で目標に向かい続けることができました。皆さんも自分に残された時間と向き合い合格へとかけぬけて下さい。

  • 大阪大学 法学部

    西村さん

    神戸高校

    東進に通う仲間達とお互いにアドバイスし合ったり、毎回の模試の成績を比べたり、勉強のモチベーションを高められる環境がよかったです。心が弱気になったときに励ましてくれた家族、先生方にはとても感謝しています。

  • 大阪大学 医学部 医学科

    有岡さん

    神戸女学院高等学部

    受験勉強は大変でしたが、東進は勉強する環境が整っていて、他の受験生と一緒に切磋琢磨しながら勉強することができたので楽しく充実した生活を送ることができました。支えてくださった東進のスタッフの方々本当にありがとうございました。

  • 京都大学 理学部

    岩道さん

    天王寺高校

    私は高2では文系クラスでしたが、高2の夏ごろに理転を決めて東進で学びました。学校で学ばない分理科には不安を感じていましたが、東進の講師陣の素晴らしい授業のおかげで学校の進度を追いこし、大きなアドバンテージにすることができました。東進のコンテンツは活用できれば強力な武器になるので、有効利用して第一志望合格を掴んで下さい。

  • 山口大学 医学部 医学科

    小万さん

    山口高校

    私が本気で受験勉強に取り組み始めたのは、高校1年生の冬の東進での進学セミナーがきっかけでした。セミナーの中で模試の校舎内順位が出たときに、順位が低くとても悔しかったことを覚えています。しかしその経験が今の自分へと成長させてくれたと思っています。部活が終わると校舎へ行き23時まで勉強するようになって、成績があがっていくことを実感しました。今の私があるのは、私の意志と周りの人の支えがあったからだと感じています。これから受験生になる人は周りの人との関わりを大切にし、受験勉強に挑んで欲しいと思います。

  • 京都大学 医学部人間健康科

    山本 真衣さん

    加古川東高校

    過去問演習講座の解説授業が問題の解き方を身につけるのに役立ちました。

  • 東京大学 理科一類

    増田さん

    大垣北高校

    僕が東大を目指すきっかけになったのは二年時の東大同日体験受験です。それ以降、受験を意識して力を伸ばすために勉強をするようになりました。それ以降、東進模試を学習の指標として真剣に使い始めました。センター試験後は過去問演習講座や東進模試の過去問を多数こなし、得点を取る練習に意識を向けました。本番で数学と物理を失敗しましたが、この訓練が失点を得意の英語でカバーできる範囲に抑えてくれました。

  • 京都大学 工学部

    光田さん

    金沢泉丘高校

    部活を引退するまでは、理系科目の勉強はしていたけれど、国語、英語、日本史はあまりしていませんでした。部活引退後は、英語は単語をひたすら暗記して、国語は受講をして、日本史は教科書を読みまくりました。

  • 慶應義塾大学 経済学部

    飯沼さん

    海陽中等教育学校

    東進には高2の12月に入学しました。模試で成績が下降気味になっており、少し焦っていたところ、友人の勧めで東進に入りました。良くも悪くも高2までに受験結果の大勢は見えています。自分の勉強リズムを早く確立して、先行逃げ切りの受験生活を送ってほしいです。また受験生活はうまくいかないことが大半です。自分を追い込みすぎず、友達と不安を吐露したり、先生にアドバイスをもらったりして長く短い受験生活を乗り切ってください。

  • 京都大学 医学部 人間健康学科

    三輪さん

    姫路西高校

    東進では共に勉強に励める友人と出会い、勉強をする習慣が出来ました。私は共に苦難に立ち向かう仲間がいることの大切さを学びました。

  • 大阪大学 外国語学部

    脇田屋さん

    山口高校

    阪大・神大英語の受講がお薦めです。英語の文章の文構造をきちんと理解できるようになり、英文和訳がスムーズにできるようになりました。また、センターの過去問演習講座は毎週皆でやっていくので、復習は大変でしたが、解説授業がとてもわかりやすくためになりました。この東進にはとても頑張っている同級生が多くいたので、私も頑張れたと思います。

  • 東京医科歯科大学 医学部 医学科

    岡本さん

    灘高校

    受験勉強において大切なことは、決して諦めないことそして志望校合格への強い思いを持つことだと思います。自分を支えて下さった東進の先生方の皆さんありがとうございました。

  • 神戸大学 工学部

    京極さん

    神戸高校

    東進のシステムにはかなりお世話になりましたが、中でも特によかったのが「単元ジャンル別演習」です。問題数も圧倒的で、受験直前期に様々な演習ができました。

  • 神戸大学 工学部

    雜賀さん

    市立西宮高校

    校舎が朝早くから23時まで開いていてとても勉強しやすい環境でした。相談があってもすぐに解決してくださり、センター直前の正月もダラけることなく、部活を引退してからの9ヶ月間を走りきることができました。

  • 東京大学 理科一類

    松本さん

    灘高校

    上本町駅南校は駅のすぐ近くにあり、広く快適な環境で勉強に取り組む事が出来、とても通いやすかったです。勉強をさぼりがちだった僕にとって勉強する習慣をつけることが出来たのが東進でした!

  • 大阪市立大学 理学部

    芥子さん

    帝塚山高校

    東進の授業は基礎から固め、センター試験や国公立二次試験にも応用できる授業でした。担任助手の先生方には最後まで支え、励まして頂き本当に感謝しています。諦めずに目標に向かって努力し続ければ必ず第一志望校に合格出来ます!後輩の皆さんも頑張って下さい!

  • 京都大学 法学部

    中西さん

    白陵高校

    受験が近づいてきても焦ることなく東進で自分のペースで勉強を続けたことが合格につながったと思います。後輩のみなさんも、自分が積み上げてきたものを信じて受験に臨めば必ず良い結果を手にすることができると思います。

  • 大阪大学 工学部

    清水さん

    明石北高校

    3年の夏までは東進のテキストや参考書などを利用してインプットとアウトプットを行いました。そして、夏休みから過去問演習講座で演習を繰り返し、自分に足りないところを補いながら勉強を進めていきました。

  • 大阪大学 工学部

    名倉さん

    加古川東高校

    辛くて受験をやめたい時もありましたが、担任助手の先生方や親からの励ましが本当に支えになりました。本当に感謝しています。

  • 京都大学 経済学部

    飯田さん

    甲陽学院高校

    大吉先生の細かく丁寧な授業は、数学が苦手な僕にとって有難かったです。また林先生の論理的な現代文は、意識しなければなかなかできない読み方でしたが、本番でも習った通りの読み方ができました。

  • 神戸大学 医学部 医学科

    青木さん

    六甲学院高校

    僕は医学部を目指したのが遅かったのですが、神戸大学は基本的にセンターの延長だと思って、早めにセンター対策をしたのが良かったと思います。東進の環境は勉強するのに最適でした。皆さんも、一日一日を有意義に頑張ってください。

  • 香川大学 医学部 医学科

    竹田さん

    六甲学院高校

    東進の授業を進めることで、受験勉強の方法や、学校で習ったことも分かるようになりました。特に生物は、テキストを何度も見直して、知識を定着させました。家から近く、いつでも勉強できる環境も自分には良かったです。

  • 大阪大学 薬学部

    加藤さん

    白陵高校

    人間、思っている以上に日々進化します。僕の場合は、模試を受けるたびに抱いたストレスが自分を進化をさせてくれたのではないかと思います。努力が成績に反映されないと悩んでいる人、諦めずに突き進んでください!

  • 関西学院大学 文学部

    大久保さん

    葺合高校

    私は1年生から東進に通っていました。成績が上がらず投げやりになっていた時期もありましたが、担任助手の先生方にアドバイスをいただき、勉強だけではなく生活習慣も変えて、志望大学に合格することができました。

  • 大阪大学 工学部

    平野さん

    金沢泉丘高校

    受験勉強を通して後輩に伝えたいことは、志望校は早めに決めること、できるだけオープンキャンパスに行くこと、志望校が決まらないならできるだけ高いところを目指すこと、志望校は吟味すること、の4つです。

  • 名古屋市立大学 医学部 医学科

    飯田さん

    岐阜高校

    私は高校の合格が決まってすぐに入塾しました。1・2年の頃の学校生活は、部活が中心の毎日でした。部活が終わった3年の5月からセンター試験対策、9月からは2次対策、特に理科の強化を重点的に行いました。つらい受験期には、同じグループの仲間の存在が私にとって大きな支えでした。気持ちが切れそうになることが何度もありました。みんながいなかったらここまで頑張れなかったと思います。私は、けがに苦しむ人たちを救うスポーツドクターになりたいという夢に向かってより一層努力したいと思います。

  • 金沢大学 医学類

    繰納さん

    金沢大学附属高校

    家よりも東進のほうが勉強に集中できると思ったため、毎日東進に行って勉強し、家にいる時間は英単語をしたり、教科書を読んだりしていました。受験勉強は辛いですが最後まで諦めずに頑張ってください。

  • 大阪大学 法学部 法学科

    青木 裕士くん

    岐阜高校

    高2の3月、東進に通い始めた時、自分は他より出遅れていることに気がついたので僕は適度に焦ることができました。もしそれに気がつかなければ大阪大学に合格することはできなかったかもしれません。「あの子も頑張ってるから自分も頑張ろう」と思うことで勉強のモチベーションが保たれ、東進のツールを最大限に活用することができました。受験勉強は長くて辛くて苦しいものですが、ともに頑張れる仲間を作ることで乗り越えることができると思います。みなさんも、よい仲間を見つけて、第1志望の合格に向けて頑張って下さい。

  • 大阪大学 経済学部

    豊永さん

    明星高校

    僕が東進で合格できた一番大きな理由は、たくさんの問題を演習できる環境が整っていたということだと思います。特に今年から導入された「単元ジャンル別演習」では、自分の苦手な分野等を徹底的に練習できるため、オススメです。また、担任の先生や担任助手の先生には、親身になって相談に乗っていただき、心の支えとなりました。受験は意外と楽しい!

  • 九州大学 歯学部 歯学科

    桐山さん

    神戸高校

    担任の先生との面談の中で、学習計画を立てたりアドバイスをいただきやる気が高まりました。担任助手の先生も支えてくださるので、たくさん頼るべきだと思います。

  • 大阪大学 薬学部

    藤本 柚香さん

    岡山白陵高校

    二次対策で大切にしたのは東進の過去問演習講座です。この講座を活用できたおかげで少なくとも二次試験の過去問10年分を2周解くことができ、成績を伸ばせました。

  • 京都大学 法学部

    中野さん

    徳山高校

    志望大学・学部が同じ人が東進の同じ校舎に自分を含めて3人いました。一人は圧倒的集中力・学力・努力で僕たち2人を牽引してくれました。もう一人とは最後の1年間、互いに切磋琢磨しあい、学力を向上させることができたと思います。受験勉強は想像以上につらかったのですが、2人がいてくれたおかげで最後まで走り抜けることができました。この2人に出会えたことが、僕の東進ライフにおける最も大切な宝物です。

  • 京都大学 薬学部

    安江さん

    岐阜高校

    第一志望合格のために私が役に立ったと思う講座は「過去問演習講座」です。この講座では10年分の過去問に取り組み採点をしていただきました。自分では採点しづらい記述の多い国語や英語のテストを採点していただくことで自分がどのくらい現時点で点数が取れているか、どんな記述が足りなかったのかをちゃんと理解することができ次の勉強につなげることができました。解説授業も丁寧でわかりやすかったです。この講座は記述の多いテストの人には特におすすめです。

  • 名古屋大学 法学部

    菊入さん

    一宮高校

    特に役に立ったのは過去問演習講座です。センターの過去問演習では、過去問だけでなく膨大な量の大問別演習ができるので苦手な単元を集中して勉強しました。これをひたすらやりこんだおかげで出題形式に慣れスピードも速くなりました。また、名古屋大学過去問演習は、採点され、添削もされるので、自分の実力を知ることができ、効果的な名大対策が出来ました。

  • 岐阜大学 医学部 医学科

    西尾さん

    大垣北高校

    東進は自分で学習計画を作り実行していくシステムです。計画通り実行できないと後からしわ寄せがきて段々苦しくなります。私はその経験を2年生のときにできたので、受験学年では計画通りに学習することが出来ました。受験期後半は、センター過去問演習や単元ジャンル別演習を使い、自分の苦手なところを徹底的に潰しました。得点率によって色分けされ、自分が苦手なところが一目で分かるので何をすべきかを迷うことはありませんでした。

  • 新潟大学 医学部 医学科

    佐藤さん

    鴬谷高校

    私にとっての合格の秘訣は、「苦手を減らしたこと」「原理を意識したこと」だと思います。私は高1から高3の夏まで阪大SEEDSプログラムという大阪大学主催の研究プログラムに参加し、研究活動にも触れることができました。この研究での学びは新たな理解にも繋がり、受験においても有用だと私は実感しました。東進でも著名な研究者のお話も聞けるので参加してみてください。将来は、医師になって、感染症を研究することで多くの人を救いたいです。

  • 富山大学 医学部 医学科

    渡辺さん

    滝高校

    正直に言うと、受験はめちゃくちゃ辛かった。将来の自分のためと分かっていたが大変だった。でも、頑張って本当によかった。まずは勉強と趣味を両立させて、大学生活を楽しみたいです。そして、将来は父を継いで地元に貢献したいです。

  • 愛知教育大学 教育学部

    山口さん

    一宮高校

    私の志望大学はセンターの割合が高かったので、センターの過去問演習や大問別演習を通して多くの問題を解きました。特に英文法や現代文、数学はセンター残り1ヶ月前ぐらいからは毎日ひたすら解きました。また、2次対策は過去問演習講座で添削を受けながら進めたことで自信につながりました。学校や東進の模試がたくさんあって嫌になることもあると思うけど毎日こつこつ努力していれば合格できると思います。がんばってください!

  • 京都大学 経済学部

    米田さん

    東大寺学園高校

    本格的に受験勉強を始めたのは2年生の夏からで、それまでは定期試験で赤点を取らない程度のその場しのぎの勉強しか出来ていませんでした。受験勉強を始めてからは東進でも学校でも基礎の習得に時間を割きました。特に英語は基礎を怠らなかったことで発展的な内容にも対応できたと思います。

  • 九州大学 医学部 生命科学科

    野村さん

    山口高校

    私は3年生の8月~9月は部活が非常に忙しいことと、その他の時間は学校の課題研究に使うことになることが分かっていました。だから、4月から7月にかけて二次対策中心にものすごく勉強しました。さらにセンター前に化学を極めたのでセンター後の勉強が楽になり、二次の理科と英語は高得点を取れました。

  • 九州大学 医学部 医学科

    北里さん

    青雲高校

    理系科目は根本から理解するように意識し、高2までにある程度は入試問題を解けるようになりました。高3では苦手科目、配点の高い科目を重点的に勉強しました。早い時期から目標を決めて計画的に勉強したことが今回の結果に繋がったのだと思います。

  • 九州大学 工学部

    田中 龍吾くん

    諫早高校

    3年生の後半は、九州大学の過去問演習講座を繰り返しました。添削がすぐに返ってくるので、やり直してまた次、というふうにリズムよくやれたことがよかったです。高校の先生や、何より母のおかげで最後までがんばれました。ありがとうございました。

  • 九州大学 文学部

    疋田 弥紅さん

    文徳高校

    私は、中3の3月から東進の受講を早期にスタートさせました。その結果、高校入学後は英語に苦しめられるどころか、それを武器とすることができ、その後の模試だけでなく、実際の入試でも絶対的なアドバンテージを得ることができました。

  • 同志社大学 社会学部

    伊藤さん

    島原高校

    東進の授業は、自分のペースで進められてよかったです。勉強はメリハリをつけ、日々継続を意識して、少しでも毎日何かしら触るようにしていました。辛くなった時は、勉強を始めたばかりの頃を思い出して、成長を感じてください。

  • 九州大学 芸術工学部

    伊藤 美紗子さん

    大村高校

    インターハイまで部活があり、勉強時間を思うように取れなかった分、勉強するときは誰よりも集中しようということを心がけました。つらいこともありましたが、家族が支えてくれたことがすごく力になりました。ありがとうございました。

  • 京都大学 農学部

    北さん

    金沢大学附属高校

    年に数回ある志望大学別の東進模試では、最初はひどい成績ばかりとっていました。しかし、その後の担任の先生との面談を通して、しっかり自分の弱点を直視し、次に向けての勉強の方針を定めることができました。

  • 一橋大学 経済学部

    一瀬 唯さん

    長崎日大高校

    二次試験レベルの学習に苦労しました。すべての科目でハイレベルな一橋大学の過去問は最初は難しかったのですが、根気よく繰り返すことで少しずつ手ごたえを掴めました。すごく不安でしたが、合格できて本当に嬉しいです。ありがとうございました。

  • 東京大学 理科二類

    徳川さん

    小松高校

    今まで支えてくれた皆さんには本当に感謝しています。私の状況を考えて適切なアドバイスをしてくれた東進スタッフの皆さん、どんな悩みも優しく聞いてくれた友達、毎日送迎やお弁当を準備してくれて、いつも明るい言葉をかけてくれた両親には感謝の気持ちで一杯です。周りの人たちのおかげで合格できました。ありがとうございました。

  • 信州大学 理学部

    寺崎さん

    鴬谷高校

    僕が東進に入ったのは高1の夏でした。東進で頑張ってよかったことは、苦手な英語に挑み続けることができたことで、これは、僕が受験期を乗り切るのに一番支えとなりました。 また、思うように結果が伸びなかったりした時も、毎週のグループ面談で同じグループの友達や担任の先生と話すことでリラックスができました。これから受験するみなさんに伝えたいことは、自分の今の実力以上の高い志を持ち続けることです。 残りの高校生活を志望大合格のために全力で頑張ってください。

  • 金沢大学 医学類

    河原さん

    富山中部高校

    受験は長期戦なので、体調を崩さないように毎日着実に成長していくことが成功の秘訣だと思います。これから受験がある人たちは早く受験を始めてほしいです。夢を見つけたらすぐ行動することを意識してください。

  • 長崎大学 医学部 医学科

    廣瀬さん

    佐世保北高校

    医師になるという強い意志で、東進では中学から大学受験を意識した先取り学習をしました。特に数Ⅲは高2で東進受講を修了、青チャートの演習も高2で終え、東進の過去問演習講座も活用し2次試験の得点力がつきました。

  • 東京工業大学 第7類

    上田 茉幸さん

    岐阜高校

    東進でお勧めしたいのは、高3の夏合宿です。私が参加したのは大学入試本番を疑似体験するものでした。他の地域の受験生と本番さながらの緊張感の中で真剣に受験しました。その時のセンターと二次は不合格という結果でした。しかし、夏に自分の実力をしっかり把握でき、その後の勉強に活かすことができました。本番の入試では、センター試験で自己最高点を取ることができ、二次試験でもベストを尽くして無事合格することができました。私がこの大学を志望校に決めたのは、高1のときです。想いは叶います。是非皆さんも頑張ってください。

  • 金沢大学 医学類

    品川さん

    富山中部高校

    医学部はどこの大学でもセンター試験で九割近くとる必要があるので、センター試験の点数UPを1つの目標として勉強しました。夏の模擬入試で合格を勝ち取れたことは入試本番に向けて大きな自信に繋がりました。

  • 東京学芸大学 教育学部

    中島 紗夜さん

    八代高校

    私は、受験勉強をする上で、目標をこまめに設定することに気をつけました。模試の前には必ず志望校のレベルから逆算した目標を立てました。これから受験勉強に取り組む中で、不安に思うことが多々あるかもしれませんが、地道な努力が結果へとつながります。がんばってください。

  • 神戸大学 経営学部

    井口さん

    神戸大学附属中等教育学校

    東進は受験に挑むのに必要なもの(良質な授業と学習環境)を持っていて、且つそれを生徒に惜しみなく投下してくれていると思います。これから受験を目指す人は参考にしてもらい可能な限りがんばってください。

  • 富山大学 医学部 医学科

    野﨑さん

    富山中部高校

    受験成功の鍵は想いです。東進模試でE,D判定しか取れなかったり、勉強に行き詰まったりしても、その大学に合格したいという想いを持って下さい。決して諦めず努力を継続して下さい。

  • 金沢大学 医学類

    高枝さん

    金沢大学附属高校

    現代文の林修先生の授業が素晴らしかったです。勘で解いていた現代文を論理的に解く方法へ変えてくれました。自分のように国語に苦しんでいる人は、是非、受講してみてください。

  • 京都大学 工学部

    池田さん

    小松高校

    1年前、京都大学に合格できるとは思っていませんでした。しかし、東進に入り勉強時間が増えて、少しずつ京都大学が見えてくるようになりました。どんな状況でも私を支えてくれた、学校や東進の先生、そして友人や家族の支えのおかげで最後まで頑張れました。ついに努力が実って、第一志望を勝ち取れたことをとても嬉しく思います。

  • 金沢大学 医薬保健学域 医学類

    塩村さん

    小松高校

    私は高校入学前から東進に通い始めました。東進では学校の進度よりも早く、自分のペースで学習することが出来ます。私は東進で数学Ⅲの内容までを高校1年生の間に終わらせました。そのおかげで理科の学習や、演習量を他の人よりも多くすることが出来ました。中高一貫校の生徒並みの学習をしていけたことが私の自信になりました。

  • 東京医科歯科大学 歯学部 歯学科

    由井さん

    小松高校

    一番感謝している人を決められないくらい多くの人に支えられた3年間でした。家族には毎日の弁当や送り迎えをしてもらい、学校の先生や東進スタッフの方たちには、思うようにいかない時に何度も励ましてもらいました。これからは、私も誰かに感謝してもらえるような人間になれるように頑張っていきたいと思っています。

  • 大阪大学 薬学部

    北本さん

    小松高校

    私が東進で勉強をし続けることができたのは、周りの友達や担任・副担任がいたからだと思います。東進には必ず勉強を頑張っている友達がいてその姿を見て自分も頑張ろうと思えまいた。また、東進の先生方は今やるべきこと、向かうべき方向を示してくれました。もし東進に来ていなかったら今の自分はなかったと思います。

  • 大阪大学 理学部

    古保さん

    金沢泉丘高校

    高校受験が終わったその日から東進に通い、大学受験はその日から始まったと思います。後輩のみなさんは、本当に行きたい大学を見つけ、絶対に合格するんだという気持ちを強くしていってほしいと思います。

  • 神戸大学 医学部 保健学科

    村中さん

    金沢二水高校

    私は高1から東進で勉強し始めました。きっかけは高校の授業についていくためでしたが、最終的には、そのおかげで、高3になってから他の人より多くの時間を演習にあてることができました。

  • 金沢大学 国際学類

    小竹さん

    金沢二水高校

    毎日、夜遅くまで東進で頑張れたのは、毎日弁当を作り、送り迎えをしてくれたお母さん、陰で支えてくれたお父さん、何度も相談にのってくれた塾の先生のおかげです。支えてくれたすべての人に感謝したいと思います。

  • 自治医科大学 医学部

    三島さん

    星稜高校

    一流選手を輩出する部活で毎日練習しながら医学部に入る勉強をこなすのは、想像を絶する厳しさでした。しかし、それを選んだ決断に対する責任や、何があっても医師になるというやる気が私を動かし続けました。

  • 慶應慶應義塾大学 商学部

    佐藤さん

    金沢大学附属高校

    後輩の皆さんにアドバイスですが、迷ったときは東進や学校の先生方、家族など、社会人の方たちの話を聞くと良いということです。高校生という狭い世界で生きる身では気づかない選択肢を見つけることができると思います。早くから自分が大学で何を学びたいのかを明確にすることで、日々の勉学により専念できます。志望を高く持ち勉学を楽しんで合格をつかんでください。

  • 金沢大学 薬・創薬科学類

    松本さん

    金沢二水高校

    後輩へのアドバイスは最後まであきらめないということです。僕はE判定続きでしたが合否は試験当日の解答用紙に書き込んだものが全てです。判定なんて関係ありませんので頑張って下さい。

  • 一橋大学 経済学部

    中田さん

    富山中部高校

    志望校にあった対策をした人が勝ちます。私は9月から二次試験の過去問演習に取り掛かりました。逆算して進めることで、辛くても10年分の過去問を解ききりました。粘った人が受かります。

  • 名古屋大学 工学部

    種谷さん

    富山高校

    僕は、東進だけではなく学校の授業もうまく活用して勉強を進められたと思います。学校の授業はその場で理解し、定期テストや模試の見直しは欠かさず行なっていました。また、東進の副担任との面談では一緒に勉強のスケジュールを立てることで、ヤル気が引き出されました。自分だけで考えているとすぐに甘えてしまうので、厳しく管理してもらうことがオススメです。志望大学の過去問演習講座は、ぜひとも10年分を3回転してください!

  • 大阪市立大学 医学部 医学科

    田中さん

    滝高校

    僕は映像授業が自分のペースで進められるのでとてもよかったです。努力が実って嬉しいです。2次の過去問演習講座が良かったです。採点をしてくれるので、正確な点数を知ることができ、自分の実力を知り、対策が立てられました。将来の夢は、医療問題を解決していきたいです。そのために大学で医学の勉強をたくさんしていきたいと思います。

  • 名古屋大学 医学部 医学科

    山本さん

    岐阜高校

    高3の夏に参加した「模擬入試合宿」はとても良い経験になりました。センター本番の雰囲気をあらかじめ経験することができたし、前日の学習の計画を立てることにもつながりました。また、合宿後に点数と合否が発表され、僕は0.7点足りず不合格になってしまいました。そのことで、1点の重みを再確認することもできました。合宿を通して、受験本番への心持ちを学ぶことができました。

  • 岐阜大学 医学部 医学科

    新開さん

    岐阜高校

    受験は確かに、机上での孤独な戦いです。しかし、そこにたどり着くには、多くの人の支えや巡り会わせがあるはずです。そのような仲間関係を大切にして頑張ってほしいと思います。また、明確なプランを持ち、それをこなしてきたことも合格の大きな要因だと思います。自分の怠けやすい性格を理解し、それを考慮に入れた適切なプランニングが成功につながったと思います。

  • 大阪大学 工学部

    宮﨑さん

    岐阜高校

    東進での授業ではためになるものが多く、深い知識を得られるので、初めて見る問題にも対処できるようになりました。学習方法として、一番事なのは、自分でどれだけ演習をつめるかだと思います。深い知識と、それを自由に使えるようになることが大切です。

  • 中央大学 法学部

    小川さん

    西春高校

    後輩の皆さんに積極的に活用してもらいたいのは、過去問演習講座や過去問データベースです。僕は過去問を解き、その大学の問題に慣れることで、さらに対策を行い、合格できました。是非後輩の皆さんにはこれらを有効活用してもらいたいです。受験生活はとても大変で辛いものですが終わったときの達成感は凄まじいものがありました。 東進のシステムを大いに活用して、第一志望合格を勝ちとれるように頑張ってください。

  • 名古屋市立大学 人文社会学部

    飯尾さん

    江南高校

    今井宏先生や林修先生の講座も勿論役に立ちましたが、私の中で一番役に立ったと思うのはセンター過去問演習講座です。過去問すべてに解説授業があり、すぐに復習することができ、さらに大問別演習で苦手な分野を徹底的に演習することができました。受験は辛い時期やイライラする時期もあったけれど、自分がやってきたことを信じて地道に努力していくことの大変さと大切さを教えてくれるものでした。

  • 名古屋大学 工学部

    渡辺さん

    大垣北高校

    私の人生は高校2年生の時に行った高2トップチャレンジ合宿で大きく変わりました。ほんの1週間ですが、自分よりも高い志を持った仲間や現役の東大生、経験豊富な先生方に囲まれた非日常の環境の中で自分自身と向き合う、人生でも数少ない体験ができました。この経験を機に自身の学習姿勢を見直しモチベーションも上がりました。辛いことや思い通りにならないことは何度もありましたが、合宿のことや共に学んできた仲間のことを思い起こすことで乗り切りました。

  • 大阪府立大学 現代システム科学域

    佐々木さん

    御影高校

    受験生活は苦難の連続でした。周りの励ましやアドバイスを受け自分を信じて勉強を続けました。受験は自分と真剣に向き合い、自分を知る事が出来る機会でした。色々な発見があり人生において沢山の収穫があったように感じます。

  • 広島大学 歯学部 歯学科

    伊東さん

    葺合高校

    東進は、僕にとって最高の環境でした。毎日東進に通い、疲れたときは担任助手の先輩にアドバイスをもらっていました。僕の合格は同じ教室のライバルや東進のスタッフの皆さんのおかげです。

  • 大阪教育大学 教育学部

    西本 篤生くん

    東播磨高校

    夏休みに「センター過去問演習講座」を使い、センター形式の問題に出来るだけ多く触れ、ひたすら解いたことが合格につながったと思います。

  • 大阪市立大学 医学部看護学科

    大槻 真愛さん

    加古川東高校

    東進の担任や担任助手の先生が最後まで励ましてくれたおかげで、志望校を諦めずに粘り強く努力し続けることができました。

  • 神戸大学 医学部医学科

    河野 勇輔くん

    加古川東高校

    医学部受験はどの教科もバランス良くできなければならないので、高校の授業や定期テストなども真面目に取り組むことをお勧めします。

  • 大阪大学 工学部

    奥田さん

    白陵高校

    センター試験の勉強をしながらも出来るだけ二次試験の勉強時間を潰さないように勉強することが出来ました。また、現代文を東進で受講したことで、国語は時間感覚を掴みながら勉強することが出来ました。

  • 高知大学 人文社会科学部

    前田さん

    県立国際高校

    自分の中に焦る気持ちがあったので集中して勉強できる環境を作ろうと思い入塾しました。得意科目を増やす努力をして自分の得意なものは誰にも負けないくらい得意にして苦手なものを補えるようにすれば良いと思います。

  • 神戸市外国語大学 外国語学部

    山下さん

    県立国際高校

    受験勉強は私を人間として成長させてくれました。模試で思うように点が取れなかった時、東進の先生に「焦らずに、止まりさえしなければ良いんだよ」と言ってもらえた時に心が落ち着いて集中できるようになりました。

  • 京都大学 総合人間学部

    福田さん

    洛南高校

    東進に入る前は勉強の習慣が確立されていませんでしたが、東進に入って質の高い授業に前向きに取り組めるようになり、合格することができました。最高の環境で勉強できたことが合格した最大の要因だと思います。

  • 大阪大学 理学部

    岩元さん

    北須磨高校

    東進のセンター試験本番レベル模試や阪大本番レベル模試で、学習の指針を明確にして勉強できました。ライバルといえる仲間がいて、集中できる環境で、競うことができたのも良かったです。

  • 立命館大学 スポーツ健康科学部

    寺尾さん

    北須磨高校

    東進の模試では自分の弱点と強みを見つけること、周りと自分の差を確認すること、志望校の壁の高さを実感することができました。弱点は単元ジャンル別演習をひたすらやりまくって潰しました。絶対に負けたくないライバルや応援してくれる担任助手の先生がいる東進で勉強できたので志望校合格を勝ち取ることができました。

  • 神戸大学 経営学部

    東垣さん

    星陵高校

    野球部だった私は2年生のときの同日体験受験で思うような結果が出せず、入塾後は英単語・熟語や古典単語を高速基礎マスターで徹底的に暗記しました。夏までにセンター試験の学習を終えて、二次対策に早く入れたのが良かったと思います。

  • 筑波大学 体育専門学群

    仲井さん

    星陵高校

    担任助手や友だち・先輩に聞いて自分なりの学習方法やペースを早く掴むことが大事だと思います。意外と大事なのがライバルを見つけることです。ライバルと競い合い助け合うことが精神的に大きな支えとなりました。

  • 大阪市立大学 経済学部

    友野さん

    北須磨高校

    合宿で最大限の勉強をした経験、東進模試でセンター試験の全科目を1日で解いた経験から自信がつき、試験当日はストレスをあまり感じず、落ち着いて受けることができました。

  • 名古屋大学 工学部

    中條さん

    金沢泉丘高校

    僕は高校1年生の4月から東進に入学しました。東進はほぼ毎日開いているので、学習習慣が継続でき、「勉強を全くしない日」というのが少なくなり、高2の後半くらいからはほぼ毎日通うようになりました。

  • 神戸大学 経済学部

    山本さん

    帝塚山学院泉ケ丘高校

    私が合格できた理由のひとつに、東進のデータ分析力の高さがあると思います。定期的に行われるセンター試験本番レベル模試の結果分析で、今の自分の到達レベルや課題が一目瞭然で、効率よく学べました。また、担任の先生は親身になって私の相談、悩みを聞いてくださって、つらい受験期の心の支えとなりました。

  • 関西学院大学 文学部

    大日向さん

    須磨友が丘高校

    東進では、定期的に模試があるので学力の伸びや弱点をしっかりと把握することができ、学習計画や次の目標を定めやすいのが良かったです。また、副担任の先生との週1回の面談では的確なアドバイスがもらえるので早い時期から高い意識を持って勉強に励むことができました。

  • 広島大学 法学部

    伊藤 慶介くん

    東播磨高校

     「広島大対策過去問演習講座」が良かったです。自分で過去問を解くだけでは気づかない部分を丁寧な解説授業で気づくことができ本当に役立ちました。

  • 広島大学 工学部

    平尾 彩樹人くん

    明石北高校

     「スタンダード物理」の先生がおもしろく、嫌いだった物理を好きになる事が出来ました。また基本からしっかり教えてくれたので、応用までの過程が楽になりました。

  • 関西大学 システム理工学部

    林さん

    伊川谷北高校

    なかなか成績が思うように上がらなかったのですが、合宿に参加して、反復学習の大切さを教えられました。それからは解法を覚えるまで何回も解き直すようになり、物理の成績がすごく伸びました。

  • 長崎大学 医学部 医学科

    有山さん

    長崎日大高校

    私は昔から国語が苦手でした、しかし希望する学部に合格するには国語を克服しなければなりませんでした。そこで東進の林先生の授業を受けることにしました。すぐに結果は出ませんでしたが、絶対に成績があると信じて過去最高が出せました。

  • 大阪大学 基礎工学部

    内村さん

    神戸高校

    受験勉強の開始が遅かったのですが、高速学習とライバルの存在のおかげで合格できました。少しでも学習量をすために、一日の時間の使い方を細かく計画立てて無駄な時間をなくしました。

  • 岡山大学 工学部

    後藤 彩絵さん

    東播磨高校

    夏合宿では、色々な校舎の生徒と交流することで、やる気を上げ、部活の引退が遅かったですが、短期間で学力を伸ばすことが出来ました。

  • 関西大学 文学部

    藤田さん

    夢野台高校

    副担任の先生がいつでも親身になって相談にのってくれたり、元気づけたりしてくれてとても心強かったです。秋ごろにはウジウジしていた気持ちを切り替えてくれました。正月特訓では、しんどかったけれど集中力が強化されたし基礎からできたのが良かったです。東進に入っていなかったら合格できていなかったと思います。

  • 神戸大学 経済学部

    奥田さん

    白陵高校

    私は効率よく物事を行えるタイプではなかったので、出来る限りの勉強時間を設けることとして高1から東進に入り勉強をしていました。私が合格できたのは、東進の担任の先生や担任助手の皆さんやお友達、家族のおかげです。

  • 関西大学 外国語学部

    影浦さん

    葺合高校

    本格的に受験勉強を始めたきっかけは、国語合宿と英語合宿でした。合宿に参加し、周りの人が必死に勉強している姿を見て自分も負けていられないと感じました。逃げずに自分と向き合うことが大切だと思います。

  • 大阪教育大学 教育学部

    青木さん

    滝川第二高校

    2ヶ月ごとに東進模試を受けて課題を見つけ、次の模試の目標を設定し、それを達成できるよう努力しました。解説授業を活用してすぐに模試の解き直しができたのが良かったです。

  • 京都大学 法学部

    平林さん

    徳山高校

    今こうして合格体験記を書くことができて本当に嬉しいです。こうして第一志望校に合格できたのはたくさんの人に支えていただいたからだと思います。どんな時でも、温かく見守ってくれ、支えてくれた両親、的確なアドバイスをしてくれた先生、いつも背中を押してくれた友人、今まで本当にありがとうございました。大学でも理想の自分を目指して頑張ります!!

  • 北海道大学 水産学部

    髙尾 航平くん

    加古川西高校

    毎回の東進模試で、自分の弱点に気づかされ、まだまだ足りないと思い学習量を増やしたことが合格につながったと思います。

  • 長崎大学 医学部 医学科

    林さん

    姫路西高校

    受験を意識して勉強していたのは1年生から。本格的に受験勉強を始めたのは部活引退後の5月末から。東進で頼りになる先輩を見つけて勉強を助けてもらいました。

  • 神戸大学 海事科学部

    中村さん

    神戸海星女子学院高校

    模試ごとに目標点が提示されるので、やる気を引き出すことができました。また、面談では学習予定を立てたり、親身に話を聞いてくださるのでモチベーションになりました。

  • 関西大学 人間健康学部

    伊手さん

    葺合高校

    部活の友人が多く、部活の後にそのまま行くことができる東進を選びました。後輩たちには、後悔しないよう早めにスタートダッシュを決めて最後まであきらめずに頑張ってほしいと思います。

  • 京都大学 経済学部

    岡村さん

    下関中等教育学校

    英語は早く始めれば始めるほど有利です。高2年までに単語と熟語を完全習得しておくと3年になって苦しむことがなくなります。他の科目に時間を回すこともできると思います。単語と熟語を覚えたあとは文の構造を理解する構文力をつけることを強化しました。SVOCの文構造をすばやく見抜ける目を持つことで英文読解のスピードが上がったと実感しました。1、2年生はまだ時間があると思うでしょうがセンター試験まであっという間です。時間を意識してがんばって下さい。

  • 九州工業大学 情報工学部

    宮部 泰世くん

    第一高校

    苦手だった数学については、最初は公式も覚えていなかったので、大吉先生の基礎を固める講座をとりました。そうして、少しずつ数学でも絶対できる分野を増やして、苦手意識をなくすことができたのが良かったです。部活を続けながらでも時間を有効活用して、苦手科目の成績を伸ばすことができました。自分のペースで勉強できるツールが揃っている東進だからこそ、受験と部活を両立しながら合格を勝ち取ることができたと思います。

  • 福岡教育大学 教育学部

    小田 奈菜帆さん

    玉名高校

    私は、受験期になかなか成績が伸びず、とても悩みました。でも、そんな中、合格したいという気持ちだけで、最後まで一生懸命やり抜きました。受験生の皆さんには、絶対合格するという強い気持ちを常に持ち、あきらめずにがんばってほしいです。

  • 大阪大学 工学部

    前田さん

    下関西高校

    まず両親に感謝します。勉強に対して無理やり干渉せず、「頑張れ」ではなく「落ちても大丈夫」と声を掛けてくれたことが一番嬉しかったですし最高の励まし方だったと思います。学校や東進の先生からは模試の成績がひどい結果でも志望大学を変える話を一言もしないでくれたのはとてもありがたかったです。最後に同じ阪大志望の友人には支えられ本当に助けられました。一人では到底合格できませんでした。みなさんありがとうございました。

  • 大阪大学 工学部

    濵田さん

    下関西高校

    三宅先生の「難関物理」をお薦めします。特に物理が苦手で、問題のパターン暗記に頼りがちな人には劇的な効果があると思います。この講座では物理という教科を数学的、科学的に理解することはもちろんそれらを感覚的なものへとすることができます。その結果、解法暗記をせずとも当然な流れとして式を立てられるようになります。この講座なら楽しく物理が学べること間違いありません。

  • 北九州市立大学 外国語学部

    前﨑 光葵さん

    宇土高校

    私は受験学年になる前に高速基礎マスターの英単語1800を完全修得しました。そこから模試の英語の成績が伸びたと思います。全ての科目において基礎固めが早いほど演習の時間が増えます。計画的に頑張ってください。

  • 長崎大学 薬学部

    田中さん

    長崎北陽台高校

    自分自身に甘い私でも東進では集中して勉強に励むことができました。東進には共に戦っている仲間、いつも気にかけてくださる先生方がいて私の大きな力となりました。後輩の皆さんにもこの環境を活かして自分に合った勉強法を見つけて頑張ってほしいです。

  • 九州大学 歯学部

    百田さん

    諫早高校

    ぼくが東進に入って最も役に立ったことは英語の高速基礎マスターです。センターに向けて単語、熟語、文法とあるのですがその全てを完全修得した暁には英語のセンター試験本番で9割近くを取ることができました。ありがとうございました。

  • 九州大学 経済学部

    奥村さん

    長崎西高校

    私は高2まで野球ばかりしていましたが、東進に通うようになって平日に無理をしてでも勉強するという生活スタイルを習慣化することができました。自分が一番効率よく勉強できるようサポートしてくれた両親をはじめ、多くの方に合格することで感謝したかったので頑張れました。ありがとうございました。

  • 九州大学 工学部

    藤岡さん

    佐世保北高校

    スタンダード化学では有機化学の整理が出来て、助かりました。また九州大学の過去問演習講座では、特に英語でその採点基準が分かり、ためになりました。大学では情報社会を先導する技術者を目指し、研究がしたいです。

  • 福岡教育大学 中等教育教員養成課程

    山本さん

    長崎南高校

    わたしは、高校3年生の1学期から東進に入学しました。スタートが遅かったのでなかなか結果が出ず、辛い時期も多かったけれど、教師になりたいという夢を支えに、最後まで東進で頑張り抜き、合格することができました。

  • 早稲田大学 文化構想学部

    橋口さん

    長崎東高校

    はじめのころは、得意科目はあまりなく、私立大学を第一志望にしていたにもかかわらず英語もそこまで得意ではありませんでした。しかし、講座を早期に終了させ7月には過去問演習に進むことができ、英語の合宿に参加。得点を大きく伸ばすこともでき、志望校への合格を手に入れました。

  • 熊本大学 医学部保健学科

    笹尾 光由妃さん

    八代高校

    私は、受験勉強をする上で、目標をこまめに設定することに気をつけました。模試の前には必ず志望校のレベルから逆算した目標を立てました。これから受験勉強に取り組む中で、不安に思うことが多々あるかもしれませんが、地道な努力が結果へとつながります。がんばってください。

  • 熊本大学 医学部保健学科

    小石 隼平くん

    文徳高校

    私が受験勉強でやった事は、徹底した自己分析により見つかった弱点を克服することで、次回遭遇した時に間違えないようにと復習することができました。これには東進の授業や高速基礎マスター講座はもちろん、受験した全ての模試が役立ちました。間違えたところを完璧にすることの繰り返しが、とても大切だと思います。

  • 熊本大学 医学部保健学科

    三澄 陽菜さん

    玉名高校

    私は受験前には、もっと早くからやっておけばよかったという後悔がありました。だから、1,2年生のころから授業を大切にして1つ1つ理解していくことが大切だと思います。辛いときもありましたが、先生方や友達の支えで乗り越えることができました。

  • 熊本大学 理学部

    家田 晶成くん

    八代高校

    高速基礎マスター講座や模試ではやり直しに重点を置き、解説をしっかり読み、間違えた問題は自分が納得いくまで追求するようにしました。東進の学力POSの機能を十分に活かせば、効率のよい学習ができると思います。

  • 熊本大学 工学部

    満永 龍亮くん

    熊本北高校

    東進に入った時は英語が苦手でした。高速基礎マスター講座の単語と熟語をやり始めてから長文が読めるようになりました。また、時間配分を考えて解くことにより苦手な科目から得意科目に変りました。苦手な分野ばかりでなく、得意な分野をたまに振り返ることにより自信を失わずに勉強できると思います。

  • 熊本大学 工学部

    岩下 慎平くん

    熊本学園大学付属高校

    部活でサッカーをしていたので勉強との両立は大変でしたが、自分の得意分野、苦手な分野、すべてにおいて、時間をうまく使えるようになりました。面談やホームルームを通して明確なアドバイスをもらい、そのおかげで、話をするたびに気合が入って頑張れました。

  • 熊本大学 教育学部

    小山 さつきさん

    第一高校

    東進での一番のお勧め講座は今井先生の講座です。今井先生の講座は、おもしろくて分かりやすいので、英語に対する苦手意識も払拭でき、英語力をしっかり身につけることができました。

  • 熊本大学 薬学部

    浦川 ささらさん

    宇土高校

    東進では、まわりでみんなが努力している姿が見えていたので、きつさを感じることは少なかったです。自分で志望校、方法を決め、それを最後まで貫くことが大切だと学びました。大学では薬剤師を目指してしっかりがんばります。

  • 東京工業大学 工学部

    井上さん

    青雲高校

    受験を実際に経験し、大切だと思ったことは、志望校の早期決定でした。早期に決めること、その大学の配点や個別試験の特徴を調べ、自分の伸ばすべき教科を知ることができ、早いうちから対策ができました。

  • 熊本県立大学 総合管理学部

    荒木 一葉くん

    宇土高校

    受験勉強が嫌になることもありましたが、東進で周りの人が一生懸命に黙々と勉強に励んでいる姿は、自分にとって非常に刺激的で負けたくないという気持ちを強くしてくれました。東進の仲間全員がライバルです。

  • 北九州市立大学 経済学部

    堀内さん

    大村高校

    1年生の夏から東進に通いました。野球部との両立も大変で引退も遅かったのですが、センターは過去問10年分と大問別の問題を誰よりもたくさん解き、本番では最高点を取れたことがよかったです。

  • 北海道大学 総合入試理系

    堀内さん

    富山高校

    高3の10月から過去問演習講座を始め、英語・数学・物理の成績が伸びました。添削指導では自分では正誤の判別のつきにくい英作文や証明問題もしっかりと添削してくれるため、とても見直しやすかったです。

  • 首都大学東京 健康福祉学部

    牧野さん

    富山南高校

    受講では特に今井先生のC組がオススメです。今井先生からも言われますが、英語をのばす一番の方法は音読だと思います。毎日寝る前、5分だけでも音読することを推奨します。そして高速マスター英単語センター1800を本当に早く完全修得するべきです。センターのみならず、二次試験レベルの英単語までほとんどカバーしているので、自分はそれだけは高1で完璧にしました。受験勉強というのは3年から始まるのではないです。1年生からの積みかさねが最終的には合否を決めます。後悔だけはしないでください。

  • 富山大学 経済学部

    渋谷さん

    富山第一高校

    東進に通ってよかったと思うことは、自分のペースや学校の授業のペースに合わせて予習できることです。高校の数学は難しいと聞いていたのでしたが、東進の講座を受講することで予習してから学校の授業に臨むことになったので、理解度が深まりました。

  • 大阪市立大学 経済学部

    服部さん

    御影高校

    周りと比べてもかなり遅れて受験勉強のスタートを切ったので苦しい思いもたくさんしましたが、東進に入った時から目指していた第一志望校に合格でき今は達成感で一杯です。

  • 大阪大学 外国語学部

    中村さん

    宇部高校

    伸び悩んだりやる気が落ちている時、東進の担任が「やったら受かる」と言い続けてくれたり、担任助手の先生が激励してくれたりしたからこれだけ頑張ることができたと思います。

  • 山口大学 医学部 医学科

    中村さん

    宇部高校

    国語と数学と英語は問題数をこなすことで自分の感覚として身につけられたと思います。受験を終えた私が言えることは、目標をしっかりと見据えて諦めないことが大切だと思います。最後まで自分を信じて頑張ってください。

  • 早稲田大学 文化構想学部

    菊池さん

    宇部高校

    高速基礎マスターの数学計算演習が良かったと思います。テスト週間に習った範囲をやっていくといい復習になりました。東進摸試を受けて目標との差を実感できるのも良かったと思います。

  • 慶應義塾大学 理工学部

    奥土さん

    慶進高校

    志望校によってカリキュラムは異なりますが、高校の全カリキュラムを高2・1生のうちに習得しておくべきだと思います。国語が伸び悩みましたが、暗中模索の先に光があるか分からないが、苦しみ悩み考え続けることが必要条件だと思います。

  • 名古屋大学 工学部

    裏山さん

    岐阜東高校

    東進に入ってから、担任の先生方と学習計画を立て、落ち着いた雰囲気の自習室で勉強することで、学習習慣を確立することができました。「過去問演習講座」では、分かりやすい解説授業と、きめ細かい答案の添削によって、二次力を大幅に高めることができました。私は最後の最後までB判定以上を取ったことがありませんでしたが、合格するとことができました。後輩の皆さんには、なかなか結果が出なくても、自分を信じ続けてください。

  • 金沢大学 医薬保健学域 保健学類

    横山さん

    加納高校

    英単語・古文単語は5分ずつでもいいので毎日続けることが重要です。僕はセンターの5日前から物理化学のみを集中的にやり、英語は触りませんでした。すると、センター2日前英語の点数が普段よりも20点ほども下がってしまい、当日も英語は思うほど点が取れませんでした。しかし、それを反省して2次では毎日単語を読み続けた結果、読む速度が格段に上がり、要領よく解けるようになりました。

  • 愛知教育大学 教育学部

    仙石さん

    加納高校

    センター試験も推薦入試の面接も手ごたえなくて、絶対落ちたと思っていました。だから余計に自分の番号があったとき、うれしかったです。初めて長期間勉強と向き合って、遊ぶのもやめて、一日何時間も見ていたテレビも控えて、、、。周りがどんどん大学が決まっていくのをみると嫌になることもあったけど、続けてやってきてよかったなって思います。苦手だった物理の電磁気と波動の分野をたくさん演習した結果、センター本番で点数が跳ね上がりました。

  • 関西大学 文学部

    曽我部さん

    六甲アイランド高校

    本気で勉強したのは高3の夏休みで毎朝8時に校舎に行き一日13時間勉強しました。東進は受験勉強するにあたって最高の環境だったと思います。

もっと見る