大学入試で差がつくのは数学

東大、難関国立では数学が合否を分ける

東進における学力と合否の関係を調べた調査で、新たな事実がわかってきました。右の図表をご覧ください。東大入試(理系)において、合格者と不合格者の得点差が最も大きいのは「数学」でした。東大文系や難関国立などにおいても、同様の傾向が見られます。
高校数学にはⅠ・A、Ⅱ・B、Ⅲがあり、理系で見ると東大をはじめとする旧七帝大ほど数Ⅲの出題が多くなります。また、数Ⅲのない文系では、難関大ほどⅡ・B の出題が多い傾向があります。Ⅰ→Ⅱ→Ⅲにはつながりがあり、難関大ほど発展的な内容が出題され、十分な準備や学習が必要であることがわかります。

2020年度の入試改革で、
思考力を問う問題も増加

現中学生は要チェック

大学入試センター試験は実施を最後に廃止され、代わり2020年度から「大学入学共通テスト」がスタートします。つまり、2019年度高校2年生の方からは「大学入学共通テスト」を受けることになります。

高1のうちに数Ⅲまで終了

高校数学をいち早く学び終える「前倒し」スーパー速習カリキュラム

数学特待制度のカリキュラムにおいては、高1のうちに数IIIまで、すなわち高校数学全範囲の修了を目指します。東大に多くの合格者を送り込む難関私立中高一貫校の多くは、高2のおわりまでに高校の学習内容をほぼ修了。特に進度の速い学校では、高2の2学期に数IIIまで修了し、その後は各自の志望校の二次試験・個別試験に向けた対策に専念しています。このような「前倒し」のカリキュラムが、高い大学合格実績の理由です。
東進では、進度の速い中高一貫校よりもさらに速く、数学の全範囲を修了できます。大学へは合格点ギリギリではなく余裕で「トップ合格」できるレベルに到達できるのです。

実施要項

対象

高0生(2019年度新中3生・新中2生)のうち成績基準を満たす意欲ある生徒 ※中高一貫校生、公立中学校生どちらでも可。

特待内容

(1)入学金(通常32,400円)→ 10,800円
(2)数学通期講座(90分授業×20回ほか)(通常75,600円~)→ 無料
高1で数Ⅲまで修了します。そのために必要な通期講座の受講料は、すべて無料です。
(3)高速マスター基礎力養成講座「数学計算演習」(通常75,600円)→ 無料
(4)担任指導費・模試費(通常最大計43,200円)→ 無料
※表示価格は消費税率8%で計算しております。消費税率が変更された場合その税率が適用されます。

成績基準

以下のいずれかの基準を満たす生徒 (1)通知表(通信簿)の直近の評価で数学が5段階評価の「5」であること
(2)「全国統一中学生テスト」もしくはその他模試にて、成績優秀であること
※中高一貫校に通っている場合、個別にご相談に応じます。お気軽に校舎にお問い合わせください。