実施要項

日程

2020年10月25日(日)

受験会場

東進衛星予備校 各校舎

受験料

無料招待

対象学年

高3生・高2生・高1生・高0生
※高0生とは高校生レベルの学力を持った中学生

受験部門

全学年統一部門

対象
高3生・高2生・高1生・高0生
教科
英語・数学・国語
理科・地理歴史、公民
試験形式
大学入学共通テスト対応
(全教科マーク式)

高2生部門

対象
高2生
(意欲ある高1生・高0生の受験も可)
教科
英語・数学・国語
試験形式
大学入学共通テスト対応
(全教科マーク式)

高1生部門

対象
高1生
(高0生の受験も可)
教科
英語・数学・国語
試験形式
大学入学共通テスト対応
(全教科マーク式)
対象 教科 試験形式
全学年統一部門 高3生・高2生・高1生・高0生 英語・数学・国語
理科・地理歴史、公民
大学入学共通テスト対応
(全教科マーク式)
高2生部門 高2生
(意欲ある高1生・高0生の受験も可)
英語・数学・国語
高1生部門 高1生
(高0生の受験も可)
英語・数学・国語
※実施要項・時間割の内容が変更になる場合があります。

このテストに申し込む

全国統一高校生テストを申し込みの高2生高1生に朗報!

受験票受け取り時の同時申し込みで

冬期特別招待プレ講習無料招待します

特典1

全国統一高校生テストの
対策授業が受けられる!

全国統一高校生テスト受験前に共通テスト対策の1講座(90分×5回)を受講できます。

受験前に対策を行うことでテストの効果が高まります。不安な分野にポイントを絞って受講することもできます。

特典2

高速マスター基礎力養成講座
共通テスト英単語1800

共通テスト英単語カバー率99.4%。(試行調査)
高速マスターを受講できます。

全部覚えれば共通テストに出題される英単語の99.4%が読める!君も試験までに楽しく効率的に全語マスターを目指そう!

特典3

冬期特別招待講習受講で
合計4講座に無料招待!

プレ講習に加え、冬期特別招待講習3講座も受講できます。(11月1日〜受講開始)

全国統一高校生テスト終了後には、冬期特別招待講習3講座を受講できます。合計4講座に無料招待します。

詳細は申し込み時にお問い合わせください

このテストに申し込む

全国統一高校生テストの特長

君だけの診断レポート

偏差値により総合評価の合格可能性を提示!

総合評価における同じ志望の受験者の中での偏差値と合格可能性を示します。「共通テスト本番レベル模試」でも、共通テストのみの偏差値ではなく二次試験を含めて推定した総合評価を行います。

昨年合格者の同時期の成績と比較!

君の第一志望校に昨年合格した先輩が、昨年同時期に何点取っていたのかを比較できます。先輩が毎回の模試でどのように成績を伸ばしていたのかがわかり、競争しながら学習を進めることができます。

科目・単元・設問ごとの詳細分析で学習の優先順位をつけられる!

単元ごとに、第一志望校に合格した先輩の得点およびその得点に対する達成率を表示しています。単元ごとの分析と設問ごとに学習項目と正答率が表示された資料をもとに、今後の学習の優先順位をつけて学習計画を立案できます。また、総得点と設問ごとの受験者全体の正答率を分析し、正解できたはずの設問を間違えていた場合は、その設問に要注意マークがつきます。

他にも役立つデータが満載!

昨年度合格した先輩の成績分布

今回の模試で同じ志望の受験生の成績分布

科目別の得点率およびAライン(合格可能性80%)・Cライン(合格可能性50%)に対する達成度

教科型(英数国・文系/理系3教科・文系/理系5教科7科目)の偏差値・順位

このテストに申し込む

東進で志望校合格を果たした先輩たち

東京大学 理科三類 小田原 くん [大牟田有明町校OB]

東進で勉強がどんどん楽しくなる

兄姉3人が通っていたので、僕も同じように小学6年の中学受験後すぐに東進へ入りました。東進では学年を超えて高速学習ができるので、何学年も先の学習範囲を気軽に学ぶことができたことが良かったです。クラスで上位に入れて、勉強していることがどんどん楽しくなってきて、さらに先へと進むようになりました。後輩のみなさんにも、勉強を楽しんで欲しいです。志望校と現実の狭間などで嫌になる時期もあると思うのですが、勉強を嫌いになると身につきません。切羽詰まってくると苦しくなるので、勉強することを楽しんで欲しいです。学問は楽しいものなので、それをわかって欲しいなと思います。

東京大学 文科一類 岡島 くん [富山駅前校OB]

地方にいながら最高レベルの授業を受けられる

東進に入ったのは、高2の冬です。志望校に絞った対策をする予備校を探していたのですが、友人の紹介で東進の体験授業を受けました。 授業の中でも特に、東進の過去問演習講座が良かったです。東大に合格できた一番大きな理由も、東大の出題形式に合わせた問題を繰り返し解いたことです。10年分はやりました。 受験勉強は、自分で考えることが大事です。効率を求めてパターン化、形式化で問題を解かないこと。勉強しているときは遠回りでも、結局は自分の考えとして生きてくるので、パターン化するより、自分で考えて問題を解く姿勢を大切にして欲しいです。

京都大学 工学部 内山くん [王子公園校OB]

これだけやったという自信で受験直前にも余裕を持てた

高1の4月に自宅の近所に東進ができ、そこで体験講座を受けたことがきっかけで通いはじめました。最初は学校の補填をするつもりでしたが、学校のスピードが思ったよりも遅く、結果的には東進で先取りすることになりました。良かったのは苑田先生の物理で、物理を概念的に理解することができました。また、数IA、数IIを早めに終わらせることができたので、高3では受験対策に専念することができたのも良かったと思います。自分はこれだけやったという自信を持てれば、嫌でも焦る直前期であってもある程度余裕を持てると思います。また、担任の先生に何をすべきかを聞きながら勉強すると、効率よく進めることができると思います。

毎年、多くの合格者を輩出している東進の授業を
実際に体験してみてください。

教科・時間割各部門の詳細を見たい方は下のボタンをクリックしてください。

  • 全学年統一部門
  • 高2生部門
  • 高1生部門
  • 大学入学共通テスト(新テスト)対応(マーク式)

    教科 科目 時間 配点
    英語 筆記(リーディング) 80分 100点
    リスニング 30分 100点
    数学① 数学I・数学A 70分 100点
    数学② 数学II・数学B 60分 100点
    国語 国語 80分 200点
    理科
    グループ①
    物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から2科目 60分 100点
    理科
    グループ②
    物理、化学、生物、地学から最大2科目 1科目60分 100点
    2科目120分 200点
    地理歴史
    公民
    世界史B、日本史B、地理B、倫理、政治・経済、現代社会
    『倫理、政治・経済』から最大2科目
    1科目60分 100点
    2科目120分 200点

    ※ 英語はリーディング・リスニングどちらも必須です。
    ※ 理科の「基礎」を付した科目は2科目選択必須(計60分、50点×2教科 計100点)です。1科目のみの受験はできません。
    ※ 科目・配点・時間は変更になる場合があります。

    理科の科目選択方法と時間割

    パターン 科目選択方法 時間割
    A 理科グループ①から2科目 18:10 ~ 19:10 -
    B 理科グループ②から1科目 18:10 ~ 19:10 -
    C 理科グループ①から2科目および理科グループ②から1科目 18:10 ~ 19:10
    (グループ① 受験)
    19:20 ~ 20:20
    (グループ② 受験)
    D 理科グループ②から2科目 18:10 ~ 19:10
    (第1解答科目受験)
    19:20 ~ 20:20
    (第2解答科目受験)

    出題範囲

    教科 出題範囲
    筆記(リーディング) 英文読解問題(CEFR A1, A2, B1レベル)
    リスニング CEFR A1, A2, B1レベル
    数学① 数学Ⅰ・数学A 全範囲
    数学② 数学Ⅱ・数学B 全範囲
    国語 近代以降の文章(現代文)、古典(古文・漢文)
    理科 各科目 全範囲
    地理歴史
    公民
    各科目 全範囲

    時間割例

    教科・科目 時間
    地理歴史・公民 第1解答科目 8:30 ~ 9:30
    地理歴史・公民 第2解答科目 9:45 ~ 10:45
    国語 10:55 ~ 12:15
    昼休み 12:15 ~ 12:55
    個人マスター記入 12:55 ~ 13:15
    筆記(リーディング) 13:25 ~ 14:45
    リスニング 14:55 ~ 15:25
    数学① 15:35 ~ 16:45
    数学② 16:55 ~ 17:55
    理科 選択パターン A、B、C、D 18:10 ~ 19:10
    理科 選択パターン C、D 19:20 ~ 20:20

    ※ 時間割は変更になる場合があります。
    ※地理歴史・公民2科目受験者および理科選択パターンDの受験者は、必ず指定された時間に第1解答科目、第2解答科目を受験してください。
    ※地理歴史・公民1科目受験者は、第2解答科目の時間に受験してください。

    提供資料【東進ドットコム(www.toshin.com)で公開】

    (1)解答解説集…試験当日に東進ドットコムで公開
    (2)復習ツール(リスニング音声)…試験当日から東進ドットコムで公開

    合格指導解説授業

    (1)受講方法…校舎受講(申込校舎にてお申し込みください)
    (2)試験実施翌日より公開(~2021年3月31日)

  • 大学入学共通テスト(新テスト)対応(マーク式)

    教科 科目 時間 配点
    英語 筆記(リーディング) 80分 100点
    リスニング 30分 100点
    数学① 数学I・数学A 70分 100点
    数学② 数学II・数学B 60分 100点
    国語 国語 80分 200点

    ※ 英語はリーディング・リスニングどちらも必須です。
    ※ 科目・配点・時間は変更になる場合があります。

    出題範囲

    教科 出題範囲
    筆記(リーディング) 英文読解問題(CEFR A1, A2, B1レベル)
    リスニング CEFR A1, A2, B1レベル
    数学① 数学Ⅰ・数学A 全範囲
    数学② 数学Ⅱ・数学B 全範囲
    国語 近代以降の文章(現代文)、古典(古文・漢文)

    時間割例

    教科・科目 時間
    国語 10:55 ~ 12:15
    昼休み 12:15 ~ 12:55
    個人マスター記入 12:55 ~ 13:15
    筆記(リーディング) 13:25 ~ 14:45
    リスニング 14:55 ~ 15:25
    数学① 15:35 ~ 16:45
    数学② 16:55 ~ 17:55

    ※ 時間割は変更になる場合があります。

    提供資料【東進ドットコム(www.toshin.com)で公開】

    (1)解答解説集…試験当日に東進ドットコムで公開
    (2)復習ツール(リスニング音声)…試験当日から東進ドットコムで公開

    合格指導解説授業

    (1)受講方法…校舎受講(申込校舎にてお申し込みください)
    (2)試験実施翌日より公開(~2021年3月31日)

  • 大学入学共通テスト(新テスト)対応(マーク式)

    教科 科目 時間 配点
    英語 筆記(リーディング) 80分 100点
    リスニング 30分 100点
    数学① 数学I・数学A 70分 200点
    国語 国語 80分 200点

    ※ 英語はリーディング・リスニングどちらも必須です。
    ※ 科目・配点・時間は変更になる場合があります。

    出題範囲

    教科 出題範囲
    筆記(リーディング) 英文読解問題(CEFR A1, A2, B1レベル)
    リスニング CEFR A1, A2, B1レベル
    数学① 数学Ⅰ・数学A(数と式、集合と論証、2次関数、図形と計量、場合の数と確率、整数の性質)
    国語 近代以降の文章 (現代文)、古典(古文・漢文)

    時間割例

    教科・科目 時間
    国語 10:55 ~ 12:15
    昼休み 12:15 ~ 12:55
    個人マスター記入 12:55 ~ 13:15
    筆記(リーディング) 13:25 ~ 14:45
    リスニング 14:55 ~ 15:25
    数学① 15:35 ~ 16:45

    ※ 時間割は変更になる場合があります。

    提供資料【東進ドットコム(www.toshin.com)で公開】

    (1)解答解説集…試験当日に東進ドットコムで公開
    (2)復習ツール(リスニング音声)…試験当日から東進ドットコムで公開

    合格指導解説授業

    (1)受講方法…校舎受講(申込校舎にてお申し込みください)
    (2)試験実施翌日より公開(~2021年3月31日)

受講後の流れ

STEP1

10/25(日)

受験当日

受験当日、東進ドットコム上で解答解説集をWEB公開
受験当日、復習ツールをWEB公開

STEP2

10/26(月)

受験翌日

合格指導解説授業公開※校舎受講(受験校舎にてお申し込みください)

STEP3

10/29(木)(中3日)|10/31(土)(中5日)

成績表返却

10/29(木)に結果の一部をWEBで返却
10/31(土)に個人成績帳票を返却

よくあるご質問

共通テストはセンター試験と何が変わるのですか?
特徴的なのは出題形式が大きく変わることです。例えば、文法・語法の問題に代わって、メールや記事など実用的な文章が出題される傾向にあります。さらに、リスニングの比重がリーディングと1:1となり、1:4のセンター試験と比較すると大きくアップするため、今まで以上にリスニング対策が重要です。小手先のテクニックだけでは解答できません。
本当に無料ですか?なぜ無料なんですか?
はい、無料でご招待しています。東進は、未来のリーダーとなる人財を日本全国から探し出し育成することを通じて、日本をより明るく元気な国にするという使命を持って教育事業を行っています。そのために、住んでいる地域や経済的な事情に関係なく、全国すべての高校生に学力を伸ばすヒントを提供する特別なイベントとして、この全国統一高校生テストを無料で実施しています。受験後の合格指導解説授業も含め、このテストによって料金の支払いが発生することはありません。また、入学を強制することもありません。
あまり良い点数を取れる自信がないのですが・・・。
受験する前はそう思うかもしれません。しかし、模試を受験すること自体に意味があります。まずは点数を気にするのではなく、「自分は何ができて、何ができないのか」を把握するため、そしてどのような出題がされるか知ることが大切です。学力を大きく伸ばすきっかけとして、今回の全国統一高校生テストに挑戦してください。