ティエラコム・東進衛星予備校は、西日本を中心に北海道、富山、石川、福井、愛知、岐阜、大阪、兵庫、山口、福岡、熊本、長崎に校舎を持つ大学受験の予備校です。

先輩たちの今

中原 勇登くん

九州大学 工学部 地球環境工学科 1回生
玉名寺畑校OB
中原 勇登くん

大学受験するなら高1から気合いを入れて特に英単語と文法はやっておいてください。

■部活後に東進に通う習慣がつき、勉強のペースがつかめてきた

正直、高1の頃は大学受験について何もわかっていませんでした。漠然と熊本大学志望だったのですが、単に地元だし、名前を知っているからというだけの理由で選んでいました。文理選択も分かってなくて、志望校調査で法学部と理学部を書いていたり。でも、高2の始めに2歳上の姉が受験に失敗したのを見て、塾に行かないとヤバいかなと思い、家から近かった東進衛星予備校に入学しました。それからは、バレー部の練習が終わったら必ず東進に行って1コマは受講するという習慣ができたことで、勉強のペースがつかめてきました。勉強を進めるうちに、センター試験本番レベル模試でも成績が少しずつ上がって行き、学校の先生にも、東進の先生にも、「ワンランク上を目指したら、もっと成績が伸びるのでは」と言われて、九州大学を目指すようになりました。IT関連技術か、環境エネルギーに関する勉強がしたいと思ったので、工学部を目指そうと思いました。

■過去問演習講座で出題傾向に慣れる

九大対策として一番効果的だった勉強法は、「過去問演習講座」です。過去問をたくさん解くことで出題傾向に慣れるので、自分の解きやすい順序で解くやり方を探って行きました。例えば英語なら、僕は自由英作があまり得意ではないので、長文で時間を稼いで、最後の短い英訳をさっと終わらせて、自由英作に時間かけるというやり方で解いていました。
2ヶ月毎に受けるセンター試験本番レベル模試も、先輩との比較が出るので分かりやすかったです。自分の位置や課題が把握できたのは助かりました。弱点に絞って、ある程度の期間それだけを勉強し、そこが取れるようになったら他の弱点を潰して行くというやり方で伸ばして行きました。

■合宿に参加してモチベーションアップ

数学を強化したかったので、高3の夏に数学合宿に参加しました。朝5時に起きて夜までずっと勉強という環境が新鮮で、眠かったですけど楽しかったです。友達もできたしご飯も美味しかったし。ある程度問題を解くことで、自分の分かるところ、分からないところがはっきりして、ここをおさえれば大丈夫だな、というポイントや方向性が見えたことは大きかったです。モチベーションが上がり、頑張ろうという気持ちになりました。

■英単語・文法や物理等の公式は早く覚えてください

後輩の皆さんに、早くやっておいてほしいと思うのは英単語です。長文も自由英作も、語彙力がないと解けないので、英単語や文法は、高1・高2の間にやっておいてください。あと、やはり物理等の公式は絶対覚えておかないとダメだと思います。九州大なら、公式を覚えていれば答えられるところはあるので、とりあえず公式は覚えてください。自分が1年の時に何も考えていなかったという反省があるので、皆さんには、大学受験をするなら1年の頃から気合を入れて取り組んでほしいと思います。

大学で深く学んだことで、環境エネルギーにますます興味がわき、将来はエネルギーを取り扱う会社に就職したいと夢を聞かせてくれた中原くん。

ページの先頭へ戻る

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

能力開発センター

能開個別ホロン

T-カプセル

東日本大震災を受けてティエラコムの取り組み

小・中・高校生のための海外プログラム

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。