ティエラコム・東進衛星予備校は、西日本を中心に北海道、富山、石川、福井、愛知、岐阜、大阪、兵庫、山口、福岡、熊本、長崎に校舎を持つ大学受験の予備校です。

先輩たちの今

西 千恵子さん

金沢大学 薬学部 3回生
東進小松駅前校OG
西 千恵子さん

定期テスト対策中に何度も問題を解き、苦手を残さないで。

■薬剤師になる夢を叶えるため、勉強に集中

中1から通っていた能開で、先生から教えてもらった薬剤師という職業に憧れるようになり、金沢大学の薬学部を目指すようになりました。東進には高校合格と同時に通い始め、入学前には英語と数学の先取りを修了していたので、高校の授業でつまずくことも苦手になることもなく、特に一番得意だった数学は、高1最初の課題テストで満点を取ることができました。

■1日の計画を書き出し、必ず実行!

部活はソフトテニス部でした。部活中は学校の予習と課題、東進の受講をこなすだけで精一杯でしたが、高2の夏に引退した後は、弱点克服を2年のうちに終わらせ、みんなが受験勉強に入る高3の6月までに二次試験に必要な科目の強化をやってしまおうと、どんどん進めていきました。今でも実践しているやり方ですが、小さめのノートに1日のやるべきことを全部書き出し、絶対にその日のうちに終わらせていきました。そのノートがあったから、自分に厳しく、計画通りにできたと思います。

■定期テスト対策で、苦手な問題をくり返し解いておく

高1・高2の間は、学校の定期テストの時にその範囲の内容をしっかり押さえて、苦手を残さないようにすると、後から苦手を復習する時間を取らずに他の勉強に時間を割くことができます。私の場合は、定期テスト前に学校で使っている問題集をとにかく3〜4回解き、苦手な問題は、完璧に答えられるようになるまで答えを見ずに何度も解いていきました。夏休みは学校で出される課題がとても多かったので、部活以外の時間はずっと東進にいて、受講後は自習室で学校の課題をとにかく早く終わらせようと勉強していました。家だと少し怠けてしまう時もあったのですが、東進なら携帯も預けますし、勉強しかできないスペースなので、集中できました。

■東進の面談で、多くのことに気付かされた

東進では、3年間担任だった三口先生から厳しく指導していただいたことに感謝しています。面談の度に厳しいことばかり言われてよく泣いていましたが、それで気付けたことがいっぱいありました。模試の結果が悪いと悔しくてよく泣いていましたが「何で泣いてるんだ。ゴールはここじゃない」と怒られたり。でも、本当にそうですよね。成績不振はありましたが、部活で培った負けず嫌いな性格で前向きに考えて、「やるしかない!絶対受かってやる!」と思えました。

■努力は人を裏切らない

受験成功のポイントは、確固たる決意と、夢を絶対諦めなかったことです。絶対に金沢大学に行くという誰よりも強い思いがあったから勉強も頑張れましたし、合格できたのだと思います。努力は人を裏切らないので、これから受験勉強に向かう皆さんも、諦めずに自分の夢を強く持ってほしいと思います。

現在は、薬学部のソフトテニス部で副部長を務めながら、東進の担任助手、大学の勉強にも全力で取り組んでいます。将来は、患者さん一人ひとりに最善の調剤ができるような薬剤師になりたいと思っています。

ページの先頭へ戻る

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

能力開発センター

能開個別ホロン

T-カプセル

東日本大震災を受けてティエラコムの取り組み

小・中・高校生のための海外プログラム

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。