ティエラコム・東進衛星予備校は、西日本を中心に北海道、富山、石川、福井、愛知、岐阜、大阪、兵庫、山口、福岡、熊本、長崎に校舎を持つ大学受験の予備校です。

先輩たちの今

板倉 美聡さん

大阪大学 法学部 国際公共政策学科 1回生
東進摂津本山校OG
板倉 美聡さん

単語や文法は、早めに固めること。
あとは、部活と勉強を両立できる東進をフル活用して!

■東進なら、部活も勉強も遊びも全力で出来る

高1の秋から東進に通い始め、最初は受講がある日だけ校舎に行っていましたが、受験を意識し始めた高2になると、予定がない日は校舎へ行くようにしていました。映像授業は、自分だけのプランで進められるので、部活はもちろん、友達との遊びやクラス会に全部行っても、しっかり勉強できました。部活も勉強も遊びも全力で出来るところが、東進に通って一番良かったところ。高校生活が本当に充実したと思います。

■東進で一番役に立った講座は、林修先生の記述型答案練習講座

私は国語が一番得意だったので、間違えた時にも、「絶対こうだと思う!」と思い込んでしまい、自分の考えがなぜ違うのかを説明されるまで納得できませんでした。でも林先生の授業では、なぜ自分が間違っているのかがわかり、国語で初めて納得できました。次に活かすことが出来る普遍的な解法でした。

■部活は辛いことも多いけど、だからこそ強くなれた

高校はバスケ部でした。負けず嫌いなので、高3の6月に引退するまで毎日、朝・昼の自主練にも誰よりも早く行き、大会前は夜7時頃まで練習していました。最後の大会は結果が思わしくなかったので不完全燃焼でしたが、逆に「部活では叶わなかったことを勉強では絶対に叶えてやろう」と、引退後は気持ちを切り替えて受験に向かい、夏休みは毎朝6時に起きて家でリスニングをした後、朝8時から夜10時までずっと東進で勉強していました。3年間部活しながら勉強するというのは本当にしんどくて、部活の思い出も辛いことが多いけど、だからこそすごく強くなれたと思います。部活の仲間はいつも一緒にいて、いっぱい悩んだりもしましたが、皆とても志の高い人ばかりで、本当に最高の宝物です。

■隙間時間を徹底的に勉強で埋める

部活と勉強の両立のポイントは、部活をやっているうちは全力で部活をやって、それ以外の時間に全力で勉強することだと思います。私の場合、全力で部活をやっているエネルギーのまま勉強していたので、部活が中途半端だったら勉強もできなかったと思います。また、必ず単語帳を身につけて隙間の時間に覚えるようにするなど、無駄な時間を徹底的に勉強で埋めるように工夫していました。高1・高2生たちは、部活も勉強も全力でできる東進のシステムをフルに活用して、充実した高校生活を送ってほしいと思います。

■英単語や構文など、基本は高1・高2のうちに!

高1・高2の夏休みは、学校の宿題を忠実にやって、東進の授業を受ければ間違いないと思いますが、英単語は自主的にどんどん進めてください! 私は高3になって本当に単語の大切さに気付きました。数学は、センター対策では思考力がつかないので、センター対策を始める前に、記述問題で、自分で答えを書いていける力をつけておいた方が良いと思います。

大学では「国連で難民支援に携わりたい」という夢に向かって、国際政治の勉強をしながら、小・中学時代にやっていたストリート系ダンスのサークルにも入る予定です。

ページの先頭へ戻る

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

能力開発センター

能開個別ホロン

T-カプセル

東日本大震災を受けてティエラコムの取り組み

小・中・高校生のための海外プログラム

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。