ティエラコム・東進衛星予備校は、西日本を中心に北海道、富山、石川、福井、愛知、岐阜、大阪、兵庫、山口、福岡、熊本、長崎に校舎を持つ大学受験の予備校です。

先輩たちの今

松本 雄大くん

九州大学 法学部 1回生
東進島原田町校OB
松本 雄大くん

東進は勉強できる環境が整っているし、意識の高い人たちが多かったので、良い刺激を受けられました

大学受験は情報戦でもあります。
地方の学生は、「情報不足」のために志望校決定が遅れ、受験勉強スタートが遅れてしまう傾向に陥りがちです。
ティエラの東進は、質の高い授業、きめ細やかな担任指導、膨大なデータを元にした個別合格プログラムなど、地方からでも難関大学合格を目指せる学習環境が整っています。
島原高校から九州大学に進学した松本くんに、ティエラ東進での受験生としての日々を振り返ってもらいながら、そんな東進の指導システムについて話を伺いました。

東進の真剣な雰囲気を見てここなら勉強できると思いました。

■いつから東進に通い始めましたか?

能開に通っている友達から東進のことを聞いていたし、親に勧められたこともあって、高1の新年度招待講習から入学しました。志望大学に向けた自分だけの合格プログラムで受講できるのと、みんな凄く真剣に勉強している雰囲気だったので、ここなら勉強できると思いましたね。やっていけるかなという不安もありましたけど(笑)

■高校時代の部活は?

高3の6月までサッカー部に所属していました。土日も部活があったので、東進は都合が良かったですね。高2までは土日が中心でしたが、高3からはほぼ毎日通っていました。自宅受講が出来るのも東進の強みだと思っていたので、復習や受験直前期は校舎での受講に加えて自宅でも受講していました。

■どんな講座を受講しましたか?

高1、高2は数学、英語、古典で、高3は、数学、国語、英語、日本史です。好きだったのは日本史ですが、役に立ったのは志田先生の数学で、最後はそればかりやっていました。こんな解法があるんだ、という新しい発見の連続で、いろんな視点から考えられるようになりました。難しい問題ばかりでしたが、解けたときは面白かったですね。

■東進は自分に合っていたと思いますか?

ライブ授業と違い、理解できてないところは何度もくり返せるし、自分のレベルに合わせて受講できるので良かったと思います。

■東進で刺激を受けた友達はいましたか?

能開に通っていた中3のころから、同じ高校に進学し、卒業まで4年間ライバルだった友達がいます。自分よりも努力する友達だったので、いつも点数を競いうことで刺激になり学習意欲が持続できましたね。

■合宿には参加しましたか?

高1の時に参加しました。授業のレベルが高く、他の校舎の生徒たちも集まっていて、みんな意識が高いと感じました。勉強に対する意識も影響を受けたと思います。

■大学受験を意識し始めたのはいつですか?

高2でセンター試験本番レベル模試を受けた頃かな。「1年後にこんなの受けるのか」と思ったことから始まったような気がします。全国区を意識したのも模試がきっかけですね。

■その頃の志望校はどこでしたか?

最初は一橋大学の法学部志望でした。目標は高く、ということで(笑)

■センター対策は順調に進みましたか?

高3の8月までにはセンター対策を終わらせるという目標を立て、数学以外の教科は何とかできたと思います。

■これをやっていて良かったという勉強はありますか?

過去問ですね。センター対策の大問別演習をやり、最後の方は点数も取れていたので、自信を持ってセンターに臨めましたから。

■センター試験を受けた感想は?

最初は緊張しましたが、1科目受けたらあとは楽な感じで受けられました。ミスはなかったのですが、目標には30点ほど足りなかったですね。一橋を受けることもできたけど、浪人できない状況だったので、安全策をということで九州大学に変更しました。九大用の二次対策もそこから開始しました。

■二次試験はどうでしたか?

完全に失敗したと思っていました。難しくはなかったのに数学が全然ひらめかなくて相当焦りました。センターより緊張しましたね。合格発表をWebで見たんですが、怖かったですね。番号を見てほっとしました。

■東進の良かった点はどこですか?

勉強できる環境が整っているし、意識の高い人たちが多かったので、良い刺激を受けられたことですね。一人では勉強できなかったと思うので、東進に通っていなかったら、九州大学に行けたかどうか…。島原高校から九州大学に行けるのは毎年10数人程度ですから。

目標を決め、それに向かって妥協せずにやり続ければ、絶対力はついてくる。

■今はどんな勉強をしていますか?

一般教養の他に、週1回法律関係の講義があります。面白いけど難しいですね。これから相当勉強していかないといけないかなと思います。3回生でゼミを選択するのですが、どの方向に進むかはこれから考えたいと思います。

■サークルには入っていますか?

フットサルとビーチバレーです。ビーチバレーは、何か新しいことを始めてみようかなと思って(笑)大学生活で一番楽しいのは、やっぱりサークル活動ですね。フットサルは、自分たちで作ったサークルなんです。

■今後、やってみたいことは?

海外に行ってみたいですね。色んな場所に行って自分の世界を広げたいと思います。

■後輩にメッセージをお願いします。

目標を持ち、その目標に向かって妥協せずにやることですね。例えば、センター試験本番レベル模試で何点取るというように小さな目標を積み重ねることが大切だと思います。目標をクリアできないこともあるだろうけど、次は必ず達成すると決めてやり続ければ、第一志望校合格という大きな目標を達成できると思います。
自分のペースでこつこつやっていけば、後々に絶対力はつくと思うので、頑張ってほしいですね。

東進 島原田町校 舩津先生のコメント

島原は地域に1校しか進学校がないようなところで、外が見えていない生徒も多いのですが、松本くんの学年は、意識が高い上位層の生徒が集まり、雰囲気もすごく良かったですね。優秀な生徒も多く、お互い刺激になっていたと思います。
松本くんの場合、志望校はこちらから提示したのですが、学部は最初から自分で決めていたし、目標に向けてこつこつとやっていので、指導面で困ることはありませんでした。こちらから「やりなさい」と言う指導が必要になる生徒もいますが、松本くんは、妥協せずに自分がやるべきことをやっていたので、たまにやらないときがあっても、自分で補填するだろうという信頼感がありました。本人は受験後に不安を感じていたようですが、私は自信を持っていました。
最終的に九州大学になりましたが、やりたかったことをやれているようだし、早い段階で第一志望校をできるだけ高いレベルに置き、それを目指して努力していけば大丈夫だという話を後輩達にもしてくれています。

ページの先頭へ戻る

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

能力開発センター

能開個別ホロン

T-カプセル

東日本大震災を受けてティエラコムの取り組み

小・中・高校生のための海外プログラム

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。