ティエラコム・東進衛星予備校は、西日本を中心に北海道、富山、石川、福井、愛知、岐阜、大阪、兵庫、山口、福岡、熊本、長崎に校舎を持つ大学受験の予備校です。

全国統一高校生テスト 2017年10月29日

会場一覧

「評価」だけじゃない。「学力を伸ばす」模試。

これからの日本を担う高校生に、大きな夢を持ってほしい。そして、夢に向かって走り出すきっかけをつかんでほしい。東進はそんな思いで、全国の高校生の皆さんを「全国統一高校生テスト」に特別招待します。
夢を見つけ、夢を深める大きなチャンス、それが大学選びです。そして、大学入試は夢を叶えるための「中間目標」です。勝負の日は決まっています。しかし、志望校合格とその先にある夢へ向けたスタートにフライングはありません。入試本番同様の真剣勝負を体感し、夢への一歩を踏み出してください。

全国統一高校生テストのお申し込みはこちら

全国統一高校生テスト項目

「全国統一高校生テスト」の特長

「全国統一高校生テスト」は、「学力を伸ばす」ことに、とことんこだわりました!

「全国統一高校生テスト」は、目標得点に対する到達度で「絶対評価」を行います。どの分野であと何点取れば合格できるのかを具体的な点数で把握できます。 合格した先輩の得点推移と競争できる!

合格した先輩の成績分布から自分の学力が見える!

※実際に返却する成績表とは異なる場合があります。

ページの先頭へ戻る

全国での自分の立ち位置を知ることは、志望校合格までの距離を知ることにつながります。

本番の難易度を知ることで、最終目標を見据えた学習が可能。科目、分野ごとの得意不得意もわかります。本番同様の真剣勝負で、模試受験中にも、学力がぐんぐん伸びていきます。

詳細な成績表を元に最終目標達成までの具体的かつ的確な学習計画を素早く立てることができます。

一人でも多くの方に受験していただき、全国規模の成績データをなるべく多く確保することで、詳細なデータをご提供したいと考え、無料にしています。

試験の疑問点をすべて解決できる「解説授業」を無料で実施。間違えた箇所はもちろん、解けた問題ももう一度徹底復習することで、本番で確実に解けるようになります。

東進模試の結果をもとに、第一志望合格のために今から何をすべきかが明らかになる「合格設計図」を提案。具体的かつ君に最適なアドバイスを行います。

ページの先頭へ戻る

先輩に聞く! 模試の活用法

東京大学 文科三類 合格
有馬 達矢くん

白陵高校出身

東進模試のおかげで、慢心せずに頑張れた

東進模試は、センター試験本番レベル模試と東大、京大本番レベル模試を受けました。センター試験本番レベル模試では、例年の合格者が同時期に取った点が書かれているので、自分の目標や達成の度合いがわかって参考になりました。大学の本番レベル模試は複数の大学を受けられるので、志望校の決定に役立ちました。僕は受験前の最後の模試でかなり悪い結果で落ち込む時期もありましたが、今から振り返ると、それのおかげで、慢心せずに頑張れたと思います。

金沢大学 人間社会学域 合格
古城 芽紗さん

小松高校出身

東進模試で、合格ラインが明確になった

センター試験本番レベル模試を毎回受験することは、かなりいいと思います。他の人よりも場慣れできるので、センター試験の本番でもそこまで緊張しません。また、自分が苦手なものが細かい分野ごとにわかるので、対策しやすくなります。難関大本番レベル模試も自分の記述力を見るのはいいと思います。センターの点数と合わせた点数もわかるので、自分があと何点で合格ラインかが明確になって、目標も立てやすいです。

山口県立大学 看護栄養学部 合格
笹野 愛里さん

下関西高校出身

東進模試で、自分を見つめ直せた

2か月に一度実施されるセンター試験本番レベル模試は、自分の成績状況を確認したり、モチベーションを上げるために大いに役立ちます。自分の第一志望の大学の昨年の合格者平均の特典との差や、自分の得点を上げるために勉強すべきテーマがデータとして表れ、自分を見つめ直し、次につなげることができます。2か月に一度というペースでかなりきつい模試でしたが、この経験は私が大学に受かりたいという気持ちを強くしたと思います。

ページの先頭へ戻る

高3生の君には

センター試験本番に向けて実力を点検しよう
入試本番まで、あと約3ヵ月。いよいよ志望校対策に取りかかる時期です。センター試験レベルの良問で基礎学力の総点検をしましょう。また、合格者の昨年同時期の成績分布と自分の成績を比較することで、これから合格までに必要な学習量を把握。今後の学習計画を立てることができます。

高2生の君には

難関大合格の秘訣は早期スタート
難関大合格者はセンター試験レベルが早期に完成していたという共通点があります。センター試験は基本的に高2までの学習範囲から出題されるため、高2生の君でも十分解くことが可能。早期スタートでセンター試験レベルの基礎をひと通り終えておけば、早期に志望校対策に専念できます。

高1生の君には

難関大を目指す君の挑戦を待っています
センター試験は教科書レベルの良問が中心です。高1生の君も今から受験することで、学校で学習した内容の理解を深めることが可能。習った範囲から確実にセンター試験レベルに引き上げることで、学習を効果的に進めることができます。

ページの先頭へ戻る

実施要項

日程
2017年10月29日(日)
対象
高3生・高2生・高1生
教科・科目・
時間・配点
教科 科目 試験時間 配点
外国語 英語 80分 200点
リスニング 30分 50点
数学① 数学 Ⅰ・数学A 60分 100点
数学② 数学 Ⅱ・数学B 60分 100点
国語 国語 80分 200点
理科グループ① 物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎より2科目 ※1 60分 100点
理科グループ② 物理、化学、生物、地学から最大2科目 1科目 60分 100点
2科目 120分 200点
地理歴史
・公民
世界史B、日本史B、
地理B、倫理、政治・経済、
現代社会、「倫理、政治・経済」 から最大2科目
1科目 60分 100点
2科目 120分 200点
※1 理科の「基礎」を付した科目は2科目選択必須(計60分、50点×2科目 計100点)です。1科目のみの受験はできません。
理科の科目選択方法と時間割
パターン 科目選択方法 時間割
A 理科グループ①から2科目 18:00〜
19:00
B 理科グループ②から1科目 18:00〜
19:00
C 理科グループ①から2科目 *1
および
理科グループ②から1科目 *2
18:00〜
19:00
(*1 受験)
19:10〜
20:10
(*2 受験)
D 理科グループ②から2科目 18:00〜
19:00
(第1解答科目受験)
19:10〜
20:10
(第2解答科目受験)
出題範囲
教科 出題範囲
英語 全範囲
数学 Ⅰ ・ A 全範囲
数学 Ⅱ・ B 全範囲(確率分布と統計的な推測を除く)
国語 現代文、古典(現代文のみの受験も可能)
理科 各科目とも全範囲から出題
地理歴史・公民 各科目とも全範囲から出題
返却・配布資料
○個人成績表…試験実施7日後より返却開始
○解答解説集…試験当日配布
資料返却期間
○窓口返却…試験実施7日後より1か月の間に受験した校舎の窓口で受験票を提示し、お受取りください。
合格指導
解説授業
○受講方法…校舎受講
(受験校舎にてお申込ください)

ページの先頭へ戻る

時間割例

◎時間割は変更になる場合があります。

教科・科目 時間
地理歴史・公民 第1解答科目 ※2 8:30~ 9:30
地理歴史・公民 第2解答科目 ※3 9:45~10:45
国語 10:55~12:15
昼休み 12:15~12:55
個人マスター記入 12:55~13:15
英語 13:25~14:45
英語リスニング 14:55~15:25
数学① 15:35~16:35
数学② 16:45~17:45
理科 選択パターンA、B、C、D 18:00~19:00
理科 選択パターンC、D 19:10~20:10

※2 地理歴史・公民2科目受験者および理科選択パターンDの受験者は、必ず指定された時間に第1解答科目、第2解答科目を受験してください。
※3 地理歴史・公民1科目受験者は第2解答科目の時間に受験してください。

全国統一高校生テストのお申し込みはこちら

ページの先頭へ戻る

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

能力開発センター

能開個別ホロン

T-カプセル

東日本大震災を受けてティエラコムの取り組み

小・中・高校生のための海外プログラム

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。