ティエラコム・東進衛星予備校は、西日本を中心に北海道、富山、石川、福井、愛知、岐阜、大阪、兵庫、山口、福岡、熊本、長崎に校舎を持つ大学受験の予備校です。

全国に広がる東進のネットワーク 校舎案内

岐阜県 教室一覧

岐阜金宝町校

岐阜金宝町校
お問い合わせはこちら

住所 岐阜市神田町7丁目5番地
電話番号 (0120)592-315
受付時間 9:00~20:00 
(水曜休館)

地図

2018年合格者の声

京都大学 工学部 工業化学科 髙木 周くん(岐阜高校)

僕が受験勉強で身に染みて感じた事は演習の重要さ、特に演習の量と時間です。その点、東進では自分で講座数、受ける時間、年間学習計画を決められます。先取りで高校内容を履修することで夏から十分な演習量と時間を確保できる事は大きな利点です。さらに大きな利点は模試の多さです。高1から受けるセンター試験本番レベル模試は自分の成長を測る指標となります。2次直前にもある京大本番レベル模試は現状を厳しく教えてくれます。後輩の皆さんが東進を上手く利用して自身の目標を達成されるよう応援しています。

名古屋大学 医学部 医学科 戸谷 磨寛くん(岐阜高校)

東進に入学したのは高校1年生の春です。部活と勉強どちらも全力でやりたかった私にとって東進の学習システムは最適でした。授業を受ける時間を自由に設定できたので部活が忙しくても学習時間を確保することができました。また、自分のペースで学習を進めることができるのでどんどん先取りしました。おかげで公立高校の私でも高校3年生になる頃には高校の学習内容を一通り終えて理解することができました。演習をじっくり一年間積むことで私立高校の生徒との差を埋めることができたことが合格につながったと思います。

岐阜大学 医学部 医学科 池本 千紘さん(滝高校)

私は中1から東進に通い始めました。東進には本当に長い間お世話になりました。医学部志望に変えたのは高3の11月。ものすごく悩みましたが、東進に背中を押してもらったことによって一歩踏み出せ、無事医学部医学科に合格できました。医学部に行かなければ医者にはなれない、あのとき本当に相談できてよかったです。さらに、東進は、学習環境が整っていて、講座を選ぶ際には自分の意見を最大限尊重してくれたり、互いに高めあえる他校の友人ができたりして、非常に有意義に利用できました。

ページの先頭へ戻る

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

能力開発センター

能開個別ホロン

T-カプセル

東日本大震災を受けてティエラコムの取り組み

小・中・高校生のための海外プログラム

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。