ティエラコム・東進衛星予備校は、西日本を中心に北海道、富山、石川、福井、愛知、岐阜、大阪、兵庫、山口、福岡、熊本、長崎に校舎を持つ大学受験の予備校です。

全国に広がる東進のネットワーク 校舎案内

愛知県 教室一覧

江南駅前校

住所 江南市古知野町朝日155番地 HATANO駅前ビル2・4・5F
電話番号 (0587)53-5871
受付時間 平日 13:00~21:30
土日 9:30~20:00
(水曜休館)
交通 名鉄江南駅より西へ徒歩1分

地図

2018年合格者の声

名古屋大学 医学部 医学科 杉浦 光くん(一宮高校)

東進に入って一番刺激を受けたのは、センター試験同日体験受験です。センター試験の問題を本番と同じ時間で計って解くことで、センター試験の難しさを知りました。自分の目指すべき位置がどのくらい離れているのかも知ることもできました。夏には英語の合宿に参加しました。ひたすら英語だけを毎日何時間も勉強するのは大変だったけれども、英語の応用力が身につき、センター試験や二次試験で役に立ったと思います。何よりも一日に十時間以上勉強する感覚や集中力が身についたのが良かったです。センター試験が近くなってきた十二月ごろからは特に受験への意識が高まり、ひたすら勉強ばかりでつらかったけれども、受験が終わった後の自由を目指してがんばりました。今後は、医療の分野で社会の役に立ちたいです。

名古屋大学 工学部 マテリアル工学科 杉浦 圭哉くん(江南高校)

東進に入校したのは高1の1月でした。勉強の苦手を克服し、得意科目を作りたいと思ったことがきっかけです。自由な時間に授業を個別に受けられ、長時間自習が出来ることが、東進を選んだ決め手でした。勉強に関しては、特に理系科目は多種多量の問題演習を積むことが重要だと思います。やはり、継続的に努力を重ねていくことが、1番の近道だと強く感じました。受験勉強は、心身共に苦しいですが、模試の判定など目先のことに気をとられず、泰然と第1志望合格に向けて、頑張ってください。応援しています。

名古屋市立大学 看護学部 看護学科 後藤 美香さん(滝高校)

東進は、授業がわかりやすく復習テストもあり確実に知識が定着できるシステムだったことが良かったです。また、2ヶ月に1回の模試で自分の成績が伸びていることが実感でき、また苦手分野の発見、克服にもつなげられたのも良かったです。センター試験本番では、少し失敗をしてしまい、ボーダーライン上の得点でした。ひとつランクを落として確実に受かるところを受けることも考えましたが、どうしても第一志望の学校に行きたかったので第一志望の学校に出願しました。二次の配点が少なく、挽回が難しいのですが面接練習を手伝ってもらうなど、多くの人に支えられて合格を掴み取ることができました。諦めずに挑戦してください。

名古屋工業大学 工学部 電気・機 野垣 亮太くん(滝高校)

東進は、面白い先生が多くて、授業を受けるのが苦にならなかったです。センター過去問演習は自分でやるより多い量の過去問を効率よく解くことができるのでとてもためになりました。勉強するようになって、少しずつでも単語を覚えることがどれだけ大切かを身に染みて感じました。家ではまったく勉強できなかったので、東進を利用して夜遅くまで勉強しました。第一志望に合格できるよう、あきらめずにがんばってください。

ページの先頭へ戻る

モバイルからのお問合わせ

QRコード

携帯からもお気軽に資料請求していただけます。

携帯にURLを送る

能力開発センター

能開個別ホロン

T-カプセル

東日本大震災を受けてティエラコムの取り組み

小・中・高校生のための海外プログラム

株式会社ティエラコム(東進衛星予備校)はプライバシーマークを取得しました。